お悩み別ページ

しわ・たるみ

加齢と共に気になってくる、シワやたるみ。いわゆる老け顔の原因となる代表的な症状です。

シワやたるみが増えてくると、人前に出る事が嫌になってきたり…

目尻の小じわのせいで
思いっきり笑えない

ほうれい線のせいで
マスクが外せない

口横のポヨ(もたつき)が
目立ってきた…。  

周囲から見たら些細な事なんでしょうけど、本人にとっては深刻な悩みです。

トータルスキンクリニックでは悩みの原因に合った治療法で、理想へのアプローチをお手伝いします。 

老け顔の原因とは?

お顔が老けてみえる原因には様々な要素があります。

皮膚のコラーゲンやエラスチンの減少、脂肪細胞の緩み、筋膜のたるみ、筋肉の肥大や委縮、骨の委縮…など。どれかひとつだけでなく複数の要素が混在していることがほとんどです。

年齢を重ねる毎に上記の要素が積み重なり(いわゆる老化現象)、小じわが増え窪みが生じ、老け顔になっていくわけです。

当院には「老化」の原因にアプローチする治療が多数ありますので、気になる症状に対して的確な治療をご提案することが可能です。

たるみの原因別アプローチ

当院でアプローチ可能なたるみに対し、適した施術をまとめました。
気になる項目から詳しくご覧いただけます。

※クリックで詳細がご覧いただけます。

真皮のたるみ

紫外線によるダメージが蓄積すると肌のハリを保つコラーゲンが減少し、また新たなコラーゲンが作られにくくなります。
その結果、ハリや弾力が失われ、真皮のたるみが生じます。

真皮のたるみに対しては、真皮層を熱や針で刺激して肌を活性化させる治療が有効です。

減少してしまったコラーゲンを増やし、肌組織の再生・再構築を促すことでハリと弾力を取り戻し、若々しい肌へ導きます。 

サーマジェン

強力な医療用RF波(高周波・ラジオ波)を用いて真皮層~皮下脂肪上層のたるみを改善させる治療です。直後から1か月後にかけて効果が実感されます。3~6か月に1回程度受けていただくと効果的です。
このサーマジェン、2022年10月時点で、福岡には当院にしかおいていない治療になります。非常に満足度が高いです。


医療ハイフ(HIFU)|ニューダブロ

超音波で真皮層・脂肪層・筋膜に熱を加えコラーゲンの生成を促す治療です。
真皮層への引き締め効果はサーマジェンに劣りますが、脂肪層・筋膜への効果は非常に優れています。 

当院ではサーマジェンと医療ハイフ(ニューダブロ)の同時施術を推奨しています。 


プロファイロ(次世代ヒアルロン酸)

プロファイロはハイブリッドヒアルロン酸を主成分とした注入治療ですが、少ない回数で効果を実感できる事が特徴の治療です。お顔全体で10か所に注入するのですが、そこから成分が広がり、肌の構造をリモデリング(再構築)してくれます。
通常のヒアルロン酸のような大きな変化は出せませんが、自然で若返りが可能な製剤です。

この製剤、35歳以上の方には非常に好評です。

只今、モニター募集中ですので、詳しくはプロファイロ(PROFHILO)導入をご参照くださいませ。


ダーマペン

超極細の針で真皮層まで孔を開け、創傷治癒力を利用して肌の再生を図る治療です。

たるみ改善効果もあるのですが、毛穴やニキビ跡改善目的で受けられる方が多いです。

老若男女問わず人気の施術ですが、創傷治癒力の低下した年配の方には次で紹介する「ポテンツァ」の方がお勧めです。RF波による効果が加わるため、ダーマペンよりも満足度が高くなります。


ポテンツァ

ニードルRFと呼ばれる治療の一種です。極細のニードルを刺し、そこから医療用RF波を照射することでコラーゲンやエラスチンの生成を促します。創傷治癒効果による肌再生効果も期待できます。

ダーマペンと似ている部分がありますが、RF波を照射できるという点が違いになります。

ダーマペン同様、毛穴やニキビ跡治療に用いられることが多いです。


溶ける糸で肌再生|リードファインリフト

真皮層~皮下脂肪層にかけて極細の溶ける糸を挿入し、お肌の若返りを促す治療です。挿入した糸がお肌の内部を刺激することでコラーゲンが生成され、ハリ・弾力がよみがえります。 

ちょっと腫れ・内出血が出るので、ダウンタイムが取れる時に受けることをお勧めします。 

この治療、インフルエンサーさんの影響なのか、定期的にブームが来ますね。

※リードファインリフトのページは現在改修中です。


レーザーカーボンピーリング

黒いカーボンに反応するレーザーで真皮層にコラーゲンを生成させお肌にハリと弾力を取り戻す治療です。トーニングの上位互換といったイメージの治療ですので、シミ取り後にメンテナンスとして受けていただくと、肌がきれいになると同時に徐々に引き締まっていきます。

※レーザーカーボンピーリングのページは現在改修中です。

脂肪のたるみ

加齢と共に脂肪細胞と脂肪細胞の間にある隔壁が緩み、そのため脂肪が弾力を失い支えられなくなり、たるんだ外見に繋がります。また、加齢により代謝が落ちると脂肪細胞が肥大します。
脂肪細胞は大きくなるのに、それを支える隔壁は緩み、その結果として老け顔に繋がっていきます。

たるみの原因をつくっている脂肪細胞自体を除去し、脂肪を本来の位置へ引き上げるといった治療により、たるみを改善させていきます。 


フェイスタイト・アキュタイト・ボディタイト

エンブレイスRFによる強力な皮膚・脂肪の若返り

皮膚に極細のカニューレを挿入し、その先端からRF波を照射することで強力に脂肪隔壁のたるみを解消し、皮膚を若返らせる治療です。切らないリフトアップ・たるみ治療の中では最も効果的と言われ、世界的にも人気が出ている治療です。やや腫れが伴うため、ダウンタイムが取れる時に受けていただくのがいいでしょう。
脂肪細胞の数自体が多い方はミニ脂肪吸引との併用もお勧めで、皮膚のたるみが強い方は糸リフトとの併用もお勧めです。

※フェイスタイト・アキュタイト・ボディタイトのページは現在改修中です。


脂肪溶解注射

注射で手軽に脂肪を減少

脂肪減少効果のある成分を注射し、脂肪細胞自体を減らしていく治療です。ダウンタイムの少ないBNLSアルティメットやカベリン、ダウンタイムはあるものの効果の強いファットXコアやチンセラプラスをご準備しています。ハイフやサーマジェンなどのレーザー治療と一緒に受けていただく事も可能です。


医療ハイフ(ニューダブロ)

超音波で脂肪燃焼

リフトアップ治療に用いる「ニューダブロ」は、筋膜を引き締めるとともに脂肪を減少させる効果もあります。ニューダブロは従来のハイフにありがちな、誰もが生理的に嫌がる痛みもほとんどないので、気軽に受けていただけます。 


糸リフト(スレッドリフト)

溶ける糸で切らないリフトアップ

コグ(突起)付きの糸を挿入し、たるんだ組織を物理的に引き上げる治療です。直後に得られるリフトアップ効果以外に、長期的に支えとして働いてくれることによるたるみ予防効果もあります。世界的に有名なTESSリフトやVOVリフト、特注のPLCL素材の糸をそろえ、挿入技術に関しては鶴舞公園クリニックの深谷先生から技術指導を頂いております。 

溶けない糸もご準備しております(あまり需要はありませんが…)。 

※糸リフトのページは現在改修中です。


ファット除去(バッカル・メーラー・ジョール)・
ミニ脂肪吸引

外科的手技で脂肪細胞を除去

たるみの原因の一つである脂肪自体を、外科的に除去する施術です。多少のダウンタイムが必要ですが、将来的なたるみ減少効果も期待できます。効果自体は半永久的なため、男女を問わず人気の治療です。除去する部位に応じて、バッカルファット除去・メーラーファット除去・ジョールファット除去、頬や顎下のミニ脂肪吸引があります。 

業務過多につき、ファット除去(バッカル・メーラー・ジョール)は新規受付停止中です。 

※ファット除去のページは現在改修中です。

筋膜のたるみ

加齢に伴い顔の表情筋は衰え、筋肉の表面にある筋膜が脂肪や皮膚を支えきれなくなり、たるみを引き起こします。筋膜のたるみには肌深くの筋膜まで働きかけるアプローチが重要で、筋膜を引き締める治療が効果的です。筋膜を若返らせることで、皮膚の最下層からたるみを改善していきます。

※クリックで詳細がご覧いただけます。


医療ハイフ(HIFU)|ニューダブロ

筋膜にアプローチできる数少ない治療の一つ

医療ハイフには脂肪減少効果や真皮の引き締め効果がありますが、本来の目的は筋膜の強力な引き締めです。

従来、筋膜へのアプローチは切開リフト以外は不可能と言われていました。
医療用ハイフが登場したことでダウンタイムなく治療ができることになり、近年では医療機関以外にエステでも受けられるようになってきました。

当院ではダブロシリーズの最新機種であるニューダブロを使用し、痛みが少なくリフトアップが可能です。

代表的なたるみ

たるみの原因別アプローチについて説明しましたが、ここからは代表的なたるみについて少し詳しく解説していきます。

※クリックで詳細がご覧いただけます。

目元のたるみ

上まぶたのたるみ

加齢に伴い上まぶたの皮膚は垂れ下がってきます。垂れてきた皮膚が視界を狭くし、目を開くときに眉毛を上げるようになります。その際におでこの筋肉を使うため、おでこのシワが増えていくことに…。たるんだまぶた皮膚を改善させるには、レーザーや手術が有効です。

※クリックで詳細がご覧いただけます。


サーマジェン

医療用RF波でたるんだ皮膚を引き締める

既に紹介したサーマジェンは、上まぶたのたるみにも有効です。施術を受けた直後から目が開きやすくなった、といったお声もたくさんいただいております。ただし、切開と比べるとその効果は限定的ですので、どうしてもダウンタイムが取れない・たるみ予防をしておきたいといった方に有効です。


眉下切開

たるんだ皮膚を切除することで、若々しい目元を取り戻す治療です。ダウンタイムは必要になりますが、大幅な変化を得ることができます。
業務過多につき、眉下切開は新規受付停止中です。

目の下のたるみ

加齢と共に眼窩脂肪が突出し、目の下の膨らみが生じます。長期間ふくらみが続くと皮膚が伸び、たるみが悪化し皺が増えていきます。目の下のたるみは、男女問わず第一印象で老けて見られる原因になってしまうので、早めの治療が望ましいでしょう。

※クリックで詳細がご覧いただけます。


目の下の切らないふくらみ取り

ふくらみの原因に直接アプローチ

下まぶたの裏側に小切開を加え、ふくらみの原因となっている眼窩脂肪を除去する施術です。まぶたの表側を切らないので、ダウンタイムが短く傷もできません。

たるみの程度によっては窪んだり皺が目立つようになることもあるため、適応の見極めが重要です。

※目の下の切らないふくらみ取りのページは現在改修中です。


アキュタイト

RF波でたるんだ皮膚を強力に引き締め

エンブレイスRFで行うアキュタイトは下瞼のたるみにも効果的です。RF波を皮下組織に直接照射することで、目の下のたるみやシワにアプローチします。

※アキュタイトのページは現在改修中です。

頬のたるみ

頬のたるみ

頬のたるみはほうれい線をはじめ、マリオネットラインと呼ばれる口元の窪み、ゴルゴラインと呼ばれる目の下の窪みなど、大きな“老け顔”につながります。

※クリックで詳細がご覧いただけます。


ほうれい線

フェイスタイト(エンブレイスRF)

メーラーファットの下垂や筋肉の衰えが原因で目立ってくる窪みですが、ある程度のほうれい線は生まれつき存在します。そのため、正式名称は鼻唇溝と言います。
フェイスタイト(エンブレイスRF)によるメーラーファット・皮膚の引き締め、下垂してきたメーラーファットそのものの除去、ヒアルロン酸注入による窪みの穴埋めなどを複合的に行う事で改善を図ります。

※フェイスタイト(エンブレイスRF)のページは現在改修中です。


ゴルゴライン

フェイスタイト(エンブレイスRF

ゴルゴラインとは、目の下から頬の真ん中へと斜めに入るラインのことです。漫画「ゴルゴ13」の主人公の顔にある特徴的な線から,ゴルゴラインと呼ばれるようになりました。
フェイスタイト(エンブレイスRF)によるメーラーファット・皮膚の引き締め、ヒアルロン酸注入や自家脂肪移植による窪みの穴埋めが有効です。

※フェイスタイト(エンブレイスRF)のページは現在改修中です。


マリオネットライン

フェイスタイト(エンブレイスRF)

口角からアゴにかけて伸びる線をマリオネットラインと呼び、40~50代女性の多くを悩ませるエイジングのサインです。
腹話術の人形(マリオネット)のように見えることからマリオネットラインと呼ばれるようになりました。

ヒアルロン酸を注入して窪みを目立たせなくする方法が最も簡便ですが、実はこの方法はあまり推奨されていません。
同部位は動きが活発なため、注入したヒアルロン酸が上の方に移動し、余計にマリオネットラインを悪化させるともいわれています。

ジョールファット除去による脂肪自体の減少、糸による物理的な引き上げ、フェイスタイト(エンブレイスRF)による脂肪・皮膚の引き締めなどが有効です。

※フェイスタイト(エンブレイスRF)のページは現在改修中です。

フェイスラインのたるみ

フェイスラインのたるみ

頬の脂肪が垂れ下がり皮膚が伸びていくことで、お顔が徐々に四角くなっていきます。輪郭の崩れに直結する悩みのため、ご相談の多い部位のひとつです。
脂肪溶解注射やミニ脂肪吸引による脂肪そのものの除去・フェイスタイト(エンブレイスRF)による脂肪・皮膚の引き締め、糸による物理的な引き上げえ改善を図ります。

※ミニ脂肪吸引のページは現在改修中です。

※フェイスタイト(エンブレイスRF)のページは現在改修中です。

二重顎

加齢と共に目立ってくる二重顎は、顎下の脂肪と皮膚のたるみが原因であることが一般的です。若い方ならば脂肪細胞を減らすだけで改善する事も多いのですが、ある程度年齢を重ねられた方は脂肪を減らしても見た目はほとんど変化が出ないということもあります。脂肪が減っても皮膚が縮まないため、そういった現象が起こるわけです。当院では脂肪を減らす脂肪溶解注射、ミニ脂肪吸引、脂肪細胞・皮膚を引き締めるフェイスタイト(エンブレイスRF)を行っております。

※ミニ脂肪吸引のページは現在改修中です。

※フェイスタイト(エンブレイスRF)のページは現在改修中です。

代表的なシワ

一言でシワと言ってもその原因は様々なので、その原因別に治療方法が異なってきます。
シワの種類に合わせて効果的な治療を選びましょう。

※クリックで詳細がご覧いただけます。

表情ジワ

笑ったり怒ったりする表情を繰り返すことで深くなるシワです。眉間、目じりなどに現れやすい傾向にあります。原因は表情筋を動かす動作の繰り返しなので、その動きを緩やかにしていく必要があります。また、そもそもの肌が乾燥していると、それだけしわも刻まれやすくなります。
ボトックスという成分を注射して表情筋の働きを抑える必要があります。当院では、表情筋・しわ取りボトックスという名称で施術を行っております。

※ボトックスのページは現在改修中です。

小じわ

肌の表面に現れるシワは肌の水分・コラーゲン・エラスチンなどが低下したことで現れてきます。レーザーカーボンピーリングやポテンツァ、ダーマペンで肌を刺激、MPガンによるヒアルロン酸・コラーゲンブースターの補給などで改善を図ります。

※レーザーカーボンピーリングのページは現在改修中です。

まとめ・お問い合わせ

・・・

“初診料”、“再診料”、“カウンセリング料”等は頂いておりません

簡単ではございましたが、老けて見られる原因であるシワやたるみについて解説させていただきました。

お悩みの方は是非当院にご相談ください。

ご希望の治療がある方は施術名でご予約をいただけたら、当日施術まで受けていただく事が可能です。

どの治療が合っているかわからない、といった場合には、無料カウンセリングでご予約下さい。施術自体は別日になりますが、一緒にベストな治療を探していきましょう。

・・・

お問い合わせ

・・・

院長

業務量が増えたため、お返事にお時間を要しております。返事がない場合には、催促の連絡を送っていただけたら助かります。

LINEでご予約・お問い合わせ

お問い合わせ、ご予約は原則LINEにてお受けしております。こちらの予約についての詳細をご覧ください。

クリニック予約システム

LINEを使用していない方はこちらから受け付けております。

公式SNS

・・・

Twitter

Peingでのご回答やクリックの最新情報をお届けしております。