脂肪溶解注射

脂肪を減らすには「脂肪吸引」「脂肪溶解レーザー」などが知られていますが、最もダウンタイムが短く気軽に受けられる方法が脂肪溶解注射になります。細くしたい部位に薬液を注入するだけなので、部分痩せの施術の中では最も人気の治療です。

脂肪溶解注射の主成分はフォスファジルコリンやデオキシコール酸といった成分で、数々の研究で脂肪細胞を溶かす作用が認められています。しかし効果が高いほど施術後の腫れも強く出るため、患者様のご希望に応じて4種類の薬剤を使い分けるようにしています。

  • BNLSアルティメット:天然ハーブを主体とした脂肪溶解注射
  • カベリン:デオキシコール酸を主体とした脂肪溶解注射
  • チンセラ:デオキシコール酸を高濃度配合した脂肪溶解注射
  • FatXcore : デオキシコール酸とNAIS complexで脂肪溶解注射

BNLSアルティメット

BNLSアルティメット

最小のダウンタイムで脂肪を撃退

お顔の脂肪を減らす時、最も気になるのは腫れなどのダウンタイムだと思います。BNLSアルティメットは腫れがほとんど出ないため、気軽に受けられるのが特徴です。

BNLSアルティメットとは

従来、腫れない脂肪溶解注射と言えばBNLSが知られていました。そのBNLSに「デオキシコール酸」という新しい成分を配合した製剤が「BNLSneo」です(デオキシコール酸は脂肪を溶かす効果が認められた医薬成分です)。

そのBNLSneoのデオキシコール酸の濃度を更に向上させたものが「BNLSアルティメット」です。BNLSアルティメットは脂肪溶解効果に優れているだけでなく、注入した部分に痛みや腫れ、熱感がほとんど発生しません。そのため、まぶたなどの腫れが目立ちやすい部分にも安心して使用することができます。

体の脂肪溶解注射はカベリンが効果的です。BNLSアルティメットより腫れる可能性がありますが、その分効果も高くなっています。

BNLSアルティメットの特徴

従来品より有効成分が大幅にアップ

BNLSアルティメットは30万件以上の症例データをもとにして作られた、BNLSシリーズの中で最も効果のある脂肪溶解注射です。

従来のBNLS注射も顔痩せ・小顔整形の目的で使用され国内でも多くの実績がありました。また、注射するだけで脂肪を除去し、腫れや痛みがなく、顔にも使用しやすいことで評価を得ていました。

しかし、最新の「BNLSアルティメット」は従来品よりデオキシコール酸の濃度が上がったことで脂肪溶解の効果が高まり、脂肪燃焼・脂肪分解を促進する新成分も配合されたことで満足度も飛躍的に向上しています。

新成分が追加配合

BNLSは、顔痩せ・小顔整形に適しており、国内外を問わず実績のある脂肪溶解注射です。 最新のBNLSアルティメットは従来品よりデオキシコール酸の濃度が上がり、また、脂肪燃焼・脂肪分解を促進する新成分も配合されています。

さらには、植物由来の有効成分は脂肪分解や代謝の活性化・リンパや血行の改善など、痩身と美容を助ける働きをしています。

BNLSアルティメットの有効成分

デオキシコール酸

脂肪細胞を破壊し痩⾝効果をもたらします。脂肪の乳化を促進して排出しやすくする働きもあります。従来品よりも高濃度で含まれています。

L-カルニチン

脂肪の代謝を促進して分解を促します。

アーティチョークエキス

脂肪の分解を促進し、むくみ解消に効果的に働きます。

コエンザイムQ10

抗酸化作用があり、肌の再生や老化予防に関与します。

カテキン

脂質の代謝を高め、脂肪の燃焼を促進します。

BNLSアルティメットはこのような方におすすめ

  • 二重あごが気になる
  • 理想の小顔に近づきたい
  • あご下、頬などピンポイントで痩せたい
  • 下ぶくれを解消したい
  • ダウンタイムの短い治療が良い

BNLSアルティメットの注入量の目安

  • 上まぶた(片側):1~2cc
  • 小鼻(片側):1~2cc
  • 頬(片側):4~5cc
  • ほうれい線の上(片側):3~5cc
  • フェイスライン(片側):4~7cc
  • あご下:10cc

BNLSアルティメットについて

施術部位脂肪の気になる部位
施術時間10分
施術間隔1週間に1回、合計3回~5回の投与を推奨
施術前の準備なし
施術後の通院なし
痛みほぼ無し
麻酔笑気麻酔(無料)
ダウンタイムほぼなし
メイク直後から可
洗顔直後から可
シャワー当日から可
入浴当日から可
合併症内出血
注意事項注入直後は薬液による浮腫みが生じますが翌日には治ります
投与後は有酸素運動をするとより効果を高めることができます
BNLSアルティメットについて

一緒にするとオススメの治療

  • 医療ハイフ(HIFU):超音波で皮膚を引き締め脂肪を燃焼させることで小顔効果が高まります。
  • 糸リフト:皮膚のたるみが強い方は糸リフトの併用がおすすめ。

よくある質問

BNLSneoとどう違うのですか?

BNLSアルティメットはBNLSneoにも含まれているデオキシコール酸の濃度が上がり、さらに4種類の有効成分が追加されたものです。より強い脂肪燃焼効果や美肌効果が得られるようになりました。

BNLSアルティメットで減らした脂肪が元に戻ることはありますか?

脂肪細胞自体を破壊して体外に排出させるので、減った脂肪が元に戻ることはありません。

BNLSアルティメットは1回の注射でも効果がありますか?

1回で効果を実感される方もおられますが、基本的には3回~5回をオススメしています。

BNLSアルティメットはどの部位にでも使用できますか?

脂肪がついている部位であれば基本的にはどこでも注射できます。ただし、身体などで腫れが出ても隠せる部位であれば、カベリンによる脂肪溶解の方が効果的です。

BNLSアルティメットは妊娠中でも使用できますか?

妊娠中、授乳中の方は施術を受けていただく事はできません。

カベリン

カベリン

メスを入れることなく、注射だけで脂肪を減らせる痩身治療

体の脂肪を減らす注射薬には様々な種類のものがあります。ほとんど効果の期待できないものから、ダウンタイムは必要だけど効果の高いものまで…。当院では、一時的な腫れはあるものの高い効果の期待できるカベリンという脂肪溶解注射を採用しています。

カベリンとは

カベリンはデオキシコール酸を主体とした脂肪溶解注射です。

BNLSアルティメット注射にも配合されている『デオキシコール酸』が高濃度(BNLSの5000倍)に配合されているため、BNLSアルティメット以上の効果が期待できる脂肪溶解注射になります。その分BNLSアルティメットより腫れが強く出る可能性があります。

カベリンの主成分であるデオキシコール酸は、元々体に存在するものです。デオキシコール酸には脂肪細胞を破壊する作用があり、注入した部分の脂肪細胞を破壊し、痩身効果をもたらします。

一度破壊された脂肪は時間と共に体外に排泄されつため、その後リバウンドが起こることはなく、永久的な痩身作用が見込めます。

カベリンの成分

デオキシコール酸

脂肪細胞を直接破壊し、脂肪の量自体を減らすことのできる成分です。破壊された脂肪は静脈やリンパ管を通じて対外に排出されていきます。

L-カルチニン

脂肪の代謝を促進させ、分解を促す成分です。

アーティチョークエキス

脂肪の分解を促進させるとともに、むくみ解消にも効果があります。循環効率の向上、ドレナージ(排出作用)効果により腫れを軽減 します。

カベリンはこんな悩みにおすすめ

  • 脂肪吸引手術は怖い
  • 二の腕だけ痩せたい
  • 太ももだけ痩せたい
  • わき腹の脂肪が落ちない
  • 痩せてもすぐにリバウンドする

注入量の目安

  • 上まぶた(片側):1~2cc
  • 小鼻(片側):1~2cc
  • 頬(片側):4~5cc
  • ほうれい線の上(片側):3~5cc
  • フェイスライン(片側):4~7cc
  • あご下:10cc
  • 二の腕(片側):8cc
  • わき肉(片側):8cc
  • 背中:16cc
  • 腹部:16~32cc
  • ヒップ(片側):8~16cc
  • 太もも(片側):8~24cc
  • ふくらはぎ(片側):8cc

カベリンの副作用・注意点

施術部位脂肪がついているところ
施術時間10分
施術間隔1週間~2週間ごと
回数の目安3回~5回
施術前の準備なし
施術後の通院なし
痛みほぼなし
腫れ軽い腫れが数日
内出血稀にあり、1週間~2週間で消失
麻酔笑気麻酔(無料)
ダウンタイムなし
シャワー当日から可
入浴当日から可
合併症腫れ
内出血
注意事項注射後は軽い有酸素運動を併用すると効果が高まります
カベリンについて

よくある質問

カベリンに注意点はありますか?

ごく稀ですが内出血が出る可能性があります。体質によっては腫れが出る方もおられます。

カベリンは何回位打つ必要がありますか?

1回の治療で効果を感じられる方もいらっしゃいますが、一般的には3回以上継続して行うことで効果を実感していただきやすいです。

カベリンはどの部位でも打つことができますか?

脂肪が付いている場所でしたらどこでも打てます。

カベリンは妊娠中でも打てますか?

妊娠中及び授乳中はデオリポを打つことはできません。

カベリンはセルライトにも効きますか?

セルライトの改善にも効果的です。

カベリンは痛いですか?

注射に伴う痛みは軽度ですので通常はアイスパックによるクーリングで十分です。当院は笑気麻酔を無料でお付けできますので、心配な方はご相談ください。

チンセラプラス

チンセラプラス

高濃度デオキシコール酸配合、強力な脂肪溶解注射

チンセラ・プラスには、FDA(アメリカ食品医薬品局 日本の厚生労働省)に脂肪溶解効果が承認されたデオキシコール酸が0.8%配合されています。デオキシコール酸は、脂肪細胞を小さくするだけではなく、細胞を破壊し、尿と一緒に体外へ排出することで脂肪細胞そのものの数を減らすため、半永久的な効果が得られます。

チンセラプラスとは

チンセラプラスはデオキシコール酸を主体とした脂肪溶解注射です。チンセラプラスに配合されているデオキシコール酸はBNLSneoの10000倍、カベリンの2倍になります。デオキシコール酸の濃度が上がれば上がるほど脂肪減少効果は高まるものの、腫れや痛みが強く出ることも知られています。しかし、チンセラプラスはpHが7(中性)と浸透圧を調整してあり、腫れや痛みもある程度抑えられています。

とはいえ、BNLSやカベリンよりも腫れは出やすいため、瞼や鼻などに注入することはできません。

チンセラプラスはこんな悩みにおすすめ

  • 脂肪吸引手術は怖い
  • 二の腕だけ痩せたい
  • 太ももだけ痩せたい
  • わき腹の脂肪が落ちない
  • 痩せてもすぐにリバウンドする
  • 腫れてもいいから脂肪を落としたい

注入量の目安

  • 頬(片側):4cc
  • ほうれい線の上(片側):2cc
  • フェイスライン(片側):4cc
  • あご下:8cc
  • 二の腕(片側):8cc
  • わき肉(片側):8cc
  • 背中:16cc
  • 腹部:16~32cc
  • ヒップ(片側):8~16cc
  • 太もも(片側):8~24cc
  • ふくらはぎ(片側):8cc

チンセラプラスの副作用・注意点

施術部位脂肪がついているところ(瞼と鼻以外)
施術時間10分
施術間隔2週間~4週間ごと
回数の目安3回
施術前の準備なし
施術後の通院なし
痛みややあり
腫れ1週間程度
内出血稀にあり、1週間~2週間で消失
麻酔笑気麻酔(無料)
ダウンタイム1週間程度
シャワー当日から可
入浴当日から可
合併症腫れ
内出血
注意事項注射後は軽い有酸素運動を併用すると効果が高まります
チンセラプラスについて

よくある質問

チンセラプラスに注意点はありますか?

ごく稀ですが内出血が出る可能性があります。また、他の脂肪溶解注射と比較すると、腫れが出やすい製剤になります。腫れは数日から1週間程度で治まります。

チンセラプラスは何回位打つ必要がありますか?

1回の治療で効果を感じられる方もいらっしゃいますが、一般的には3回以上継続して行うことで効果を実感していただきやすいです。

チンセラプラスはどの部位でも打つことができますか?

脂肪が付いている場所でしたらどこでも打てますが、腫れが出るため瞼とお鼻には注射できません。瞼や鼻にはカベリンがお勧めです。

チンセラプラスは妊娠中でも打てますか?

妊娠中及び授乳中はチンセラプラスを打つことはできません。

チンセラプラスはセルライトにも効きますか?

セルライトの改善にも効果的です。

チンセラプラスは痛いですか?

他の脂肪溶解注射よりは、注入後に筋肉痛の様な痛みを伴います。数日で改善します。

FatXcore

FatXcore

デオキシコール酸とNAIS complexで構成された脂肪溶解注射

FatX(ファットエックス)はデオキシコール酸とNAIS complexで構成された製剤です。
脂肪細胞の除去に⾼い効果があり、当院でも⼈気の⾼い脂肪溶解注射です。
この製剤を進化させたFatX core(ファットエックス コア)は、NAIS complex の配合割合を⼯夫することにより現⾏ FatXの腫れや痛みを半分まで軽減させた上で、脂肪細胞の減少効果は同じレベルを保った製品に仕上がっています。
今までの脂肪溶解注射と比べ1回での治療効果が大きいことが特徴で、お顔だけではなく二の腕や太ももといったお体への治療も可能です。

FATXcoreイメージ

FatXcoreとは

米国FDAで脂肪溶解効果があると認可されている「デオキシコール酸」が1.0%配合されている新世代脂肪溶解注射です。
従来の脂肪溶解注射もデオキシコール酸が含まれているものがありましたが、デオキシコール酸は濃度が高くなると腫れや痛みが出やすいため流通していたのは0.0001%程度のものでした。
従来のFatXは効果は感じやすかったものの、腫れや痛みが強いことが問題でした。
トータルスキンクリニックで扱うFatXcoreはFatX の進化版であり、デオキシコール酸1.0%と非常に高濃度でありながら、10年以上の研究により従来よりも腫れと痛みが半分以下にまで軽減された第4世代脂肪溶解注射といわれるものです。

FATXcoreはこんな悩みにおすすめ

CHECK

  • 部分痩せしたい
  • 脂肪吸引など手術は怖い
  • 小顔になりたい
  • 二重あごが気になる
  • しっかり効果は実感したい
  • 周囲にバレずにきれいになりたい

FATXcoreの注入量目安

  • 頬(片側):2~3cc
  • ほうれい線の上(片側):2~3cc
  • フェイスライン(片側):5cc
  • あご下:5~10cc
  • 二の腕(片側):10cc
  • わき肉(片側):5cc
  • 背中:10~20cc
  • 腹部:10~20cc
  • ヒップ(片側):10cc
  • 太もも(片側):10~20cc
  • ふくらはぎ(片側):5~10cc

FatXcoreの副作用・注意点

FatXcoreの副作用・注意点

施術部位脂肪がついているところ(瞼と鼻以外)
施術時間10分
施術間隔1か⽉以上空けて
回数の目安3~5回
施術前の準備なし
施術後の通院なし
痛みややあり
腫れ2〜4週間
内出血稀にあり、1週間~2週間で消失
麻酔笑気麻酔(無料)
ダウンタイム
シャワー当日から可
入浴当日から可
合併症腫れ
内出血
痛み
注意事項注射後は軽い有酸素運動を併用すると効果が高まります
FatXcoreについて

よくある質問

よくある質問

FatXcoreに注意点はありますか?

ごく稀ですが内出血が出る可能性があります。また、他の脂肪溶解注射と比較すると、腫れが出やすい製剤になります。腫れは2~4週間程度で治まります。

FatXcoreは何回位打つ必要がありますか?

1回の治療で効果を感じられる方もいらっしゃいますが、一般的には1か⽉くらい間隔を空け、3〜5回の注射がおすすめです。

FatXcoreはどの部位でも打つことができますか?

脂肪が付いている場所でしたらどこでも打てますが、腫れが出るため瞼とお鼻には注射できません。瞼や鼻にはカベリンがお勧めです。

FatXcoreは妊娠中でも打てますか?

妊娠中及び授乳中はFatXcoreを打つことはできません。

FatXcoreはセルライトにも効きますか?

セルライトの改善にも効果的です。

FatXcoreは痛いですか?

他の脂肪溶解注射よりは、注入後にな痛みを伴います。また、数日間は痛みが続きます。

施術の流れ

診察・カウンセリング
医師が脂肪の量や状態を診察し、必要本数を提案します。
施術
効果的に脂肪が落とせるようにデザインを行います。
笑気麻酔で緊張が取れるのを待ち、アイスパックでクーリングを行ってから注入を行っていきます。
アフターケア
アフターケアについて説明を受けていただき、ご帰宅となります。

費用

施術名通常価格会員価格モニター価格
BNLSアルティメット
※脂肪のある部位ならどこでも注射可能
10cc25,000円
20cc40,000円
30cc54,000円
40cc64,000円
50cc70,000円
オプション 笑気麻酔無料
カベリン
※脂肪のある部位ならどこでも注射可能
10cc30,000円
20cc50,000円
30cc75,000円
40cc85,000円
50cc90,000円
オプション 笑気麻酔無料
チンセラプラス
※8cc単位でのご利用となります
※瞼と鼻には注射不可
8cc設定なし25,000円
16cc45,000円
24cc60,000円
32cc70,000円
40cc75,000円
オプション 笑気麻酔無料
FatXcore
※瞼と鼻には注射不可
10cc70,000円60,000円50,000円
20cc130,000円110,000円90,000円
30cc180,000円150,000円120,000円
オプション 笑気麻酔無料
脂肪溶解注射料金表
*価格は税込みです。