メスを使わず皮膚の深層からリフトアップ

トータルスキンクリニックで採用しているウルセラQプラスの特徴を紹介

ウルトラセルQプラスについて

トータルスキンクリニックのハイフはウルトラセルQプラス

ウルトラセルQプラス」は、ハイフ(HIFU 高密度焦点式超音波)によるたるみ治療機器の一種です。

超音波で肌の深くに熱のエネルギーを与え、強力な引き締め効果でリフトアップさせる治療になります。
顔の皮膚は外側から表皮→真皮→脂肪→SMAS筋膜
となっていて、たるみの原因になっているのは皮膚の一番深くにあるSMAS筋膜です。

そのためには外科的に切る治療が必要でしたが、ハイフを用いると切らずにSMAS筋膜にアプローチすることが可能なのです。

ハイフ・HIFUとは|超音波によるたるみ治療

天神でハイフはトータルスキンクリニック
一般的に超音波というと、このイメージですね

高エネルギーの超音波を体内の一点に集中させると、その部分だけが高温になります。
発せられる熱でがん組織を治療していたのですが、それをたるみ治療に応用したのが美容外科で用いるハイフになります。

SMAS筋膜にアプローチ

これまでにもレーザー機器によるリフトアップ治療はありましたが、それらは皮膚の浅い層までしか届かず、短期間の引き上げ効果のみでした。ハイフは皮膚の土台でもあるSMAS筋膜に届くため、たるみの根本原因にアプローチができます。ハイフの熱エネルギーによってSMAS筋膜が収縮し、リフトアップ効果が得られるのです。

コラーゲン生成

熱エネルギーを受けた組織は修復しようとしてコラーゲンやエラスチンなどの成分を生成します。皮膚の深くでコラーゲンやエラスチンが生成されることで、小じわの改善はハリ感の改善も得られます。コラーゲン等の生成は中長期的に生じるため、直後よりも2~3か月後に効果を実感しやすいのです。

最新のハイフ・ウルトラセルQプラスの特徴

切らないたるみ治療のウルトラセルQプラスは4つのカートリッジで引き締める

4つの層にアプローチ

ウルトラセルQプラスは最新のハイフ機器です。古い機器だと1種類~2種類のカートリッジしか使用できませんでしたが、最新のウルトラセルQプラスは4種類(1.5㎜、2.0㎜、3.0㎜、4.5㎜)のカートリッジを使用できます。

4種類のカートリッジを使い分けることで、皮膚の浅い層から深い層(SMAS筋膜)まで引き締めることができます。

痛みは最小限

これまでのレーザー機器によるリフトアップ治療は施術時の痛みが強く、麻酔なしで治療を行うことは難しいこともありました。ウルトラセルQプラスは痛みが大幅に軽減されているので、ほとんどの方で麻酔なしで受けていただくことが可能です。

施術時間が早い

1ショットあたりの照射スピードが短いので、お顔全体の照射でも15分程度になっています。

このような方におすすめ

  • たるみを治したい
  • 肌にハリや弾力を戻したい
  • 肌が疲れている
  • ほうれい線が気になる
  • 小じわが気になる
  • 切る治療は怖い
  • ダウンタイムの無い治療がいい

施術について

当院で行っているウルトラセルQプラスの経過について解説します。

機種によって、また、ショット数によって異なります。

経過

施術後~半年かけて徐々にリフトアップ、引き締め効果が出ます。まれに筋肉痛のような痛みが出ることがありますが、1週間程度で改善します。

施術の間隔

効果は半年~1年程度持続しますが、6か月おきに施術を受けていただくと効果的です。

施術を受けられない方

  • 妊娠中、授乳中の方
  • 埋め込み式除細動器やペースメーカーを使用中の方
  • 施術部位に金属プレートや金の糸を埋め込んでいる方
  • 治療部位に皮膚疾患がある方

『最新のハイフ・ウルトラセルQプラスの解説』(2020年最新版)

開院前キャンペーン

福岡・天神で美容外科・美容皮膚科はトータルスキンクリニック
当院は来年の開院に向けて準備中の段階です。
開院までに友達登録をしてくださった方には開院後に次の処置をプレゼントをさせていただきます。

レーザーカーボンピーリング(幹細胞上清液導入付き)1回