顎のシワ|梅干しジワの治し方

顎のシワ | 梅干しジワ

お顔の中で、というのは実はとても重要なパーツです。
顎は輪郭を形成しているので、顎先に少しシワが寄っているだけで5歳~10歳老けて見えることもあります。

そんな顎のシワをきれいにする方法ですが、一般的には2種類のアプローチがあります。

顎のボトックス | 顎のシワ取り

顎のシワ | 梅干しジワ

一つ目は顎のボトックス

唇から顎先にかけてオトガイ筋という筋肉が走っていて、その筋肉の過緊張もしくは過剰な発達が原因でシワが寄っているケースです。ボトックスを注入して緊張が和らぐと、顎先が平らになり、横から見た輪郭もキレイになります。

でも、キレイになれるのは分かっていても「ボトックスは体に悪そうで怖い」と思われている方もいらっしゃるかと思います。
実はボトックスは一般の診療で病気の治療に使われることもあるくらい、安全性の高いものです。

未熟な技術の医師による施術でトラブルが起こったという報告はありますが、経験豊富な医師が適切な使い方をする限りは、非常に安全性の高いものです。

私自身、過去に10,000人以上の方にボトックスを施術させて頂いておりますが、トラブルが起こったことはありません。

顎のボトックスの流れ・注意点

トータルスキンクリニックの場合

シワの寄り方を注意深く観察し、ボトックスの注入箇所を決めます。

大体の場合、3か所~4か所に注入することが多く、1か所につき2単位~3単位ずつ注入します。

腫れることはほとんどありませんが、内出血が生じることが極まれにあります。
内出血は1週間~2週間程度で消失しますので、それまではメイクで隠していただきます。

ボトックスの効果が現れるまで4日~7日程度かかり、その効果は3か月~6か月(おおくは4か月)程度持続します。
効果が切れる頃に再度注入すると、きれいな状態を維持しやすくなります。

顎のヒアルロン酸 | 顎のシワ取り

顎のシワ | 梅干しジワ

二つ目はヒアルロン酸

顎先の骨や皮下組織の退縮に伴い皮膚が余り、しわになっているケースです。その場合にはヒアルロン酸を注入して失われたボリュームを取り戻してあげると、顎先に若々しさが取り戻せます。

顎先のボリュームが戻ると、フェイスラインもスッキリして見えるようになります。

ヒアルロン酸は化粧品の成分としても馴染みが深いので、ボトックスよりも受け入れやすい方が多いかと思います。でも実は、ボトックスよりもヒアルロン酸の方が重篤な合併症が報告されています。
ヒアルロン酸を注射する時に針の先端が運悪く動脈に刺さってしまい、それに気づかずヒアルロン酸を注入した結果、動脈が詰まり組織の壊死に繋がったというケースです。

眼球近くの動脈がつまると失明、顎先近くの動脈がつまると顎の壊死が起こったという報告があります。ただし、マイクロカニューレという先端の丸い針を使うことで、こういったトラブルのリスクを減らすことが可能です。

顎のヒアルロン酸注射の流れ・注意点

トータルスキンクリニックの場合

顎を注意深く観察し、どのような形状の顎を形成すると綺麗な見た目になるかを判断します。
3か所から4か所に注入し、正面だけでなく横から見てもきれいに見えるように注入していきます。
顎の場合、マイクロカニューレだけだと綺麗に注入できないこともあり、その場合には鋭針も使用していきます。

数日間軽いむくみが生じることがありますが、ほとんど気にならない程度です。
また、内出血が出ることもありますが、メイクで十分隠せます。

持続期間は使用するヒアルロン酸の種類にもよりますが、1年~2年程度です。
1回の注入で使用するヒアルロン酸の量は、1.0cc~2.0cc程度が一般的です。

顎のシワにはボトックス・ヒアルロン酸が効果的

アゴのシワにはボトックスとヒアルロン酸

顎のシワにはボトックスやヒアルロン酸が効果的なのはご理解いただけましたでしょうか。
どちらかだけで良くなることもありますし、併用した方が綺麗になる方もいらっしゃいます。

お悩みの方はまずはお近くの美容クリニックにご相談下さい。

筆者が勤務する『トータルスキンクリニック』でもアゴのボトックスやヒアルロン酸治療は行っております。

『顎のシワ | 梅干しジワの治し方』(2020年最新版)

開院前キャンペーン

福岡・天神で美容外科・美容皮膚科はトータルスキンクリニック
友達登録をしてくださった方には、開院後に次のどちらかをプレゼントさせていただきます。

①レーザーカーボンピーリング(幹細胞上清液導入付き)1回
or
②シワ取りボトックス(2部位まで)1回

(予定人数に達し次第終了とさせていただきます)