ヴェルベットスキンの効果やダウンタイム

ヴェルベットスキン

美容クリニックで人気の治療にヴェルベットスキンという施術があります。
非常に人気の治療で、『肌がスベスベになった』『ニキビ跡が治った』『クレーターが治った』等の評判を聞いたことのある方も多いのでは。

今回は、美意識の高い方に人気の治療『ヴェルベットスキン』の効果やダウンタイムなどについて、現役の美容外科医である筆者が解説していきます。

ヴェルベットスキンの意味

そもそも、ヴェルベットスキンにはどういった意味が込められているのか知っていますか?

ヴェルベットとは織物のことで、織物の中でも比較的毛足の長いパイル織物を指します。
ヴェルベットは柔らかく上品な手触り、深い光沢感が特長の織物なので、ヴェルベットスキンは『柔らかく上品で光沢のある肌』といった意味になります。

ヴェルベットスキンはダーマペンとマッサージピールの合わせ技

ヴェルベットスキンという言葉をだれが作ったのかは不明ですが、その施術内容はダーマペンとマッサージピールの合わせ技になります。
ダーマペンで作ったお肌の穴にピーリング剤を浸透させることでお互いの効果を高め、単独で施術するよりも格段にお肌をきれいにしていく治療です。

ダーマペン(dermapen)

ダーマペン

ダーマペンは極細の針を振動させてお肌に極小の孔をあけてお肌の再生を促す治療です。
針の深さを調整できるため、赤みが出る程度の深さから出血が出る深さまで調節でき、お悩みの内容やお肌の状態によって調節することが可能です。
肌に傷をつけることで肌の線維芽細胞を刺激し、コラーゲンやエラスチンの生成を促進させます。
つまり、皮膚を敢えて傷つけることで美肌を作っていくのがダーマペンになります。

マッサージピール

マッサージピール

マッサージピールとは「PRX-T33」という薬剤を用いて行うケミカルピーリングの事です。
PRX-T33は最新のピーリング剤になり、その成分は次の3つに分けられます。

  • トリクロロ酢酸
  • 過酸化水素
  • コウジ酸

トリクロロ酢酸によるピーリングは効果が高いのですが、リスクも高い事が知られています。
強力がゆえに施術後の色素沈着が問題となりました。

そのデメリットを改善させるために加えられた成分が過酸化水素になります。
過酸化水素を加えることでトリクロロ酢酸の強力過ぎる作用が緩和され、安全なピーリング剤になったのです。

コウジ酸は美肌成分として知られており化粧品などにも使用されているので、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

効果

ダーマペンとマッサージピールを合わせたヴェルベットスキンですが、期待できる効果は次のようになります。

クレーターの改善

ダーマペンの針が真皮を傷つけ、そこにピーリング剤が入り込み溶解させます。
その傷は回復する過程でコラーゲンの増殖が起こるので、結果としてクレーターが若干盛り上がります。
1回の効果は僅かですが、複数回行うことでクレーターが徐々に浅くなっていきます。

ニキビ跡の改善

ニキビ跡には様々なタイプがありますが、ヴェルベットスキンはローリングタイプやボックスタイプのニキビ痕に効果が期待できます。
アイスピックタイプのような真皮より深く達しているタイプのニキビ跡にはさすがのヴェルベットスキンも効果が期待できません。その場合にはレーザーによる切除などの方法が必要になってきます。

毛穴・小じわの改善

ヴェルベットスキンを行うと再生過程で皮膚の引き締めも起こるため毛穴や小じわにも効果が出ます。

シミ・くすみの改善

ピーリング効果により肌のターンオーバーが促され、シミやくすみを軽減させる効果があります。

ダウンタイム

施術後は一時的に赤みがでます。
しかし、ほとんどの人は当日から翌日には落ち着きます。
翌日からメイクが可能なので、万が一赤みが長引いたとしても隠すことが可能です。
施術から数日間は肌が乾燥してザラザラした状態です。保湿とUVケアをしっかり行う必要があります。
施術後3日目くらいから皮むけすることもありますが、無理には剥がさないことが重要です。

間隔

治療間隔に関しては明確な基準は無いのですが、作用機序やお肌のターンオーバーを考えると3週間~4週間に1回程度の間隔で施術していくのがよいと思います。
あまりに高頻度に施術すると創傷治癒が追い付かず、十分な効果が発揮できないばかりかお肌を痛める結果になってしまいます。

施術の流れ(当院の場合) | ヴェルベットスキン

診察・カウンセリング

肌状態について医師が十分に診察を行い、ヴェルベットスキンで期待できる効果、注意点を説明します。

STEP
1

洗顔

クレンジングと洗顔を行っていただきます。
クレンジングや洗顔料は当クリニックでご用意しています。

STEP
2

施術

皮膚状態や治療目的に合わせた針の深さでダーマペンをあてていきます。
その後、マッサージしながらPRX-T33を治療部位に塗布し、擦りこんでしっかり浸透させます。

STEP
3

アフターケア

アフターケアの方法について説明します。

STEP
4

施術について(当院の場合) | ヴェルベットスキン

施術部位全顔
施術時間30分
施術間隔3週間~4週間ごと
施術前の準備メイク落とし・洗顔
施術後の通院なし
痛み軽度
麻酔笑気麻酔(無料)
ダウンタイム数日程度
メイク翌日から可
洗顔直後から可
シャワー当日から可
入浴赤みが引いてから可
合併症内出血
色素沈着
注意事項赤みは当日から翌日には落ち着きます
メイクは翌日より可能です
当日はシャワー浴可
数日間は肌が乾燥しザラザラなので保湿とUVをお願いします
ヴェルベットスキンについて

値段 | ヴェルベットスキン

Googleで『ヴェルベットスキン』を検索した際の上位に表記されるクリニックの価格を紹介します。

施術名:ヴェルベットスキン(ダーマペン+マッサージピール)
範囲:全顔
2020年9月1日時点、シークレットモードで検索した際、上位5つに表示されたクリニックの価格

Aクリニック

全顔1回:44,600円

Bクリニック

全顔初回:25,000円 2回目以降:31,410円

Cクリニック

全顔1回:48,000円

Dクリニック

全顔1回:40,000円

Dクリニック

全顔1回:36,000円

検索で上位にヒットしたクリニックの価格は30,000円~40,000円といったところでした。

まとめ | ヴェルベットスキン

ヴェルベットスキン

“柔らかく上品で光沢のある肌”を目指していく治療『ヴェルベットスキン』について解説していきました。
創傷治癒による美肌効果とピーリングによる美肌効果を併せ持つ治療なので、シミやくすみだけでなくニキビ跡などの難治性の症状に対しても効果が期待できます。

通常のピーリング等と比べると若干のダウンタイムが必要なので「いつでも気軽に」というわけにはいかないかも知れませんが、お肌の悩みを“美肌”を目指している方にはぜひ試していただきたい治療です。

筆者が勤務する“トータルスキンクリニック”のヴェルベットスキンのページも見に来て下さい。

『ヴェルベットスキンの効果やダウンタイム』(2020年最新版)

開院前キャンペーン

福岡・天神で美容外科・美容皮膚科はトータルスキンクリニック
友達登録をしてくださった方には、開院後に次のどちらかをプレゼントさせていただきます。

①レーザーカーボンピーリング(幹細胞上清液導入付き)1回
or
②シワ取りボトックス(2部位まで)1回

(予定人数に達し次第終了とさせていただきます)