2020年 冬 福岡天神に開院予定

いぼ取りCO2レーザー

いぼ取りCO2レーザーとは

老人性疣贅(脂漏性角化症)やほくろなど、皮膚に盛り上がり(隆起)のある症状を改善させるのに適した治療です。

肌の深部組織や周囲の皮膚にはダメージを与えないため、メスによる切開に比べて傷跡も残りにくい治療です。

このようなお悩みがある方にオススメ

脂漏性角化症
老人性疣贅(イボ)
ほくろ
過去にシミ取りをしたけどキレイに取れなかった

肌と髪のクリニック天神のいぼ取りCO2レーザーの特徴

一般的にはCO2レーザーで組織を除去した後、新しい皮膚ができるまでテープを貼って患部を保護します。

当院では湿潤療法を行っており、ハイドロコロイドテープを使用することによって肌が、よりきれいに治るようにしています。

湿潤療法とは、傷口から出てくる浸出液を保持する事で傷を早くきれいに治すという創傷治療の新しい考えで、皮膚がもつ自然治癒力を最大限に生かした方法です。

大きさに関わらず同一料金、取り放題プランあり

当院では大きさに関わらず1個あたりの料金にしており、さらに老人性疣贅(脂漏性角化症)は多数存在することが多いので、取り放題の料金プランをご用意しています。

また、老人性疣贅(脂漏性角化症)が出てくる年齢(30歳以上)になってくると、老人性色素斑やADM(後天性真皮メラノサイトーシス)が合併しているケースも多々あります。取り放題プランの場合には、それらもまとめて料金内で治療させていただきます。

老人性色素斑やADMはしみ取りレーザーでの治療になります。

ご来院から施術まで

治療の効果、注意点に十分ご納得いただいてから施術開始となります。

洗顔をしていただき、ベッドに横になっていただきます。

アイスノンでクーリングをしたあと局所麻酔を行い、しみやいぼの部分にCO2レーザーを照射していきます。

麻酔が効いているので痛みはありません。

照射した部分にハイドロコロイドテープを貼って終了です。

治療後のケア・注意点

テープは2週間貼ったままにしておいてください。
2週間以内に剥がれた場合には、貼りなおしをお願いします。
2週間以降は剥がして頂いて構いませんが、最低3か月間はUVケアの徹底をお願いします。
テープを長く貼っておくことで凹みになるリスクを下げる事が可能です。

処方薬:軟膏・テープ
洗顔・メイク:直後より、テープの上から可
入浴:当日から可(テープをしたまま)

症例紹介

準備中

費用について

施術名 通常価格 会員価格
イボ取りCO2レーザー(全顔・取り放題)
シミも一緒に取ります
50,000円 40,000円
イボ取りCO2レーザー(1個、大きさ問わず) 12,000円 10,000円
オプション 笑気麻酔 無料 無料

よくある質問

傷跡になりませんか?
通常の老人性疣贅であれば、施術後にハイドロコロイドテープを2週間していただく事で綺麗に治ります。深さのあるホクロの場合には、1回で取ろうとすると凹みになる可能性があるので、2回に分けて施術させていただく事もあります。

一緒にするとオススメの治療

イボ取り・ホクロ取りをした後は、お肌のメンテナンスとしてレーザーカーボンピーリングがオススメです。

>いつまでも輝くためのお手伝いを

いつまでも輝くためのお手伝いを

『肌と髪のクリニック天神』は、いつまでも若くありたいと願う人たちの理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。
ご質問や診察の申し込みはこちらから。