メイクで隠しているお顔のシミ、医療の力でキレイにしませんか?

年齢を重ねる毎に増えていくシミ。「ファンデーション」などで隠していても、徐々に隠し切れなくなっていきます。

なかなか治らないシミは医療の力でキレイにしましょう。当院の治療であれば素肌に自信が持てる美肌に導くことが可能です。

シミ発生のメカニズム

シミは紫外線や物理的な刺激等によりメラニン色素が生成されることで発生します。発生したメラニン色素は皮膚のターンオーバーと共に体外に排出されます。しかし年齢とともにターンオーバーや新陳代謝機能が衰えると、うまくメラニンが排出されないようになり蓄積されていってしまいます。その蓄積されたメラニン色素が「シミ」です。

シミにも種類があり、年齢や体質、性別、生活習慣によってできやすいシミの傾向は異なります。シミを治すにはそれぞれのシミに合わせた治療を行っていく必要があります。

基本的なシミ対策

シミ予防には紫外線対策

肌に影響を及ぼす紫外線には2種類あり、「UV-A」と「UV-B」と呼ばれるものです。「UV-A」は肌の深くの真皮まで届き、肌細胞を老化させシワやたるみの原因になります。「UV-B」は肌の表面に影響し、日焼けやシミの原因になります。

どちらの紫外線も肌への影響は大きく、積み重なっていくことで永続的な肌トラブルを引き起こす原因となってしまいます。シミを治療するには、まずはシミ予防のための紫外線対策からしっかり行いましょう。

ターンオーバーには規則正しい生活習慣

お肌のターンオーバーを促すには規則正しい生活が重要です。バランスの良い食事、十分な睡眠、適度な運動を心がけることでホルモンバランスが整いターンオーバーを高めることができます。

一方、喫煙はターンオーバーを停滞させる可能性があるので極力控えましょう。あまり注目されていませんが、実は心労やストレスもターンオーバーを狂わせる原因になります。自分に合ったストレス発散方法を探し、ストレスをため込まないように意識していきましょう。

お肌はこすらない&洗いすぎない

シミが増えていく原因の一つに、洗いすぎ・こすりすぎがあげられます。お肌をキレイにしようとするがあまりにしっかりと洗いすぎて、その結果お肌にダメージを与えてしまう事があります。お肌をこすると表面で僅かな炎症が生じ、その炎症が蓄積されるとメラニン色素の発生に繋がります。そのシミは炎症後色素沈着とも呼ばれ、過度な刺激にって生じた炎症後色素沈着はターンオーバーの乱れも加わり、なかなか自然治癒はしません。

シミを増やさないためにも、洗いすぎない・こすりすぎない洗顔をスキンケアを心がけましょう。

当院のシミ治療のこだわり

シミは生じている原因により治療法が異なってきます。
最小のダウンタイム・最短で結果の出る治療法をご提案します。

シミの種類を見極めた治療プラン

シミで悩んでいる方のお肌には、いくつもの種類のシミが混在しているケースがほとんどです。そのため、シミをキレイに治すには、初診時にどれだけしっかり一つひとつのシミを見極められるかが重要です。その判別を間違えて治療を行うと、いつまでも良くならなかったり、場合によっては悪化したりするケースもあります。当院ではシミの判別に長けた医師がお肌状態を細かくチェックし、丁寧にカウンセリングを行ったうえで治療計画を立てていきます。短期間で最良の結果を出せる方法をご提案しますので、ご安心ください。

悩みや肌質に準じたオーダーメイド照射

シミは患者様ごとに症状が異なり、シミが出ている箇所もさまざまです。当院では一人ひとりの症状や肌状態を観察しながら部位ごとに照射パワーや照射回数を変えていくことで、最短で最高の結果を出せるようにしています。同じレーザー治療でも照射技術によって効果が変わってきますが、当院は完全オーダーメード照射ですのでご安心ください。

治療法はシミの種類やダウンタイムに合わせて選択

シミにはさまざまな種類が存在し、それぞれで治療法が異なります。どういったシミでも対応できるよう、当院ではレーザー治療からピーリング、服薬治療までシミに効果的なメニューを取り揃えています。治療効果を高めるために複数の治療を組み合わせることも可能です。シミを薄くする効果だけでなく毛穴縮小効果もある治療から、ダウンタイムは伴うけど高い治療効果のあるものまで、患者様のライフスタイルや希望に応じた最適な治療計画をご提案可能です。

再発を防ぐための対策をサポート

シミは一度キレイに治療したとしても、日ごろの肌のお手入れや紫外線対策次第では再発してしまう事もあります。当院ではシミ治療後のお肌を守ろためのサポートやスキンケアについてもアドバイスをさせて頂いています。

シミの種類と治療

シミで悩まれている方の多くには、色々な種類のシミが混在しています。間違った治療を行うと、改善しないばかりか悪化してしまう事もあるのがシミ治療の難しさです。適切な診断、適切な治療を受けられるよう、患者様ご自身も代表的なシミについての理解を深め下さい。

老人性色素斑(日光性色素斑)

早ければ20代後半から、多くは40歳以上の人に好発するシミで、数あるシミの中でも最も一般的なものです。通常、紫外線の影響で生じたメラニン色素は肌のターンオーバーと共に排出されるのですが、紫外線をたくさん浴びてメラニン色素が過剰に生成されたり、加齢によってターンオーバーが遅くなったりすると、シミとして残ってしまいます。

治療にはシミ取りレーザーが適しており、ほとんどのケースは1回の治療でキレイに取れます。

そばかす(雀卵斑)

直径2mm~4mmほどの薄茶色の細かい斑点状のシミがそばかすです。遺伝的要素が強く、幼少期頃から発生し思春期になると増えていきます。大人になると消えていくこともありますが、大人になっても消えない場合には治療を行うことで改善させることができます。そばかすも老人性色素斑同様メラニン色素の沈着なので、レーザー治療が有効です。

レーザーカーボンピーリングで徐々に薄くしていく治療や、1回で終わらせることのできるシミ取りレーザーが有効です。

ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)

両方の頬に左右対称に現れる青みがかった茶褐色のシミがADMです。メラノサイトが皮膚の深いところに存在するため、肌深層に届くレーザー治療が必要です。また、例えレーザー治療でも1回では完治しないケースもあり、半年ごとに3回~5回の治療が必要になることもあります。

ADMにはIPLなどの光治療は無効であり、また、後述する肝斑と誤診されてレーザートーニングで治療をされるケースもありますが、レーザートーニングでも改善は望めません。

肝斑(かんぱん)

30代から40代の女性に好発する左右対称の境界不明瞭な褐色のシミが肝斑です。目の下あたりから頬の骨のあたりにボヤっと広がっていることが多いです。非常にデリケートなシミで、強くこすったり刺激したりすると濃くなる性質を持っています。

刺激の強いレーザー治療は禁忌とされていましたが、レーザーカーボンピーリングにより悪化させることなく治療が可能となりました。

炎症後色素沈着

過剰な外的刺激が加わったことでメラニン色素が増殖し出来たシミが炎症後色素沈着です。化膿したニキビの跡やシミ取りレーザー治療後に生じることがあります。お肌のターンオーバーが正常に機能していれば時間の経過とともに改善していくのですが、そうでない場合には自然治癒は望めません。その場合、お肌のターンオーバーを促す治療が効果的です。

当院では色素沈着改善に特化したレーザーカーボンピーリングで治療を行っています。

くすみ

肌の老化や乾燥、生活習慣の乱れにより肌のターンオーバーが機能せず、古い角質が肌表面に蓄積し肌全体の透明感が失われた状態です。くすみが生じると、肌が黄ばんで見えたり茶色く見えたりすることがあります。くすみに対してはターンオーバーを促進させるヴェルベットスキンやレーザーカーボンピーリングが効果的です。

お悩みから探す

お肌の悩み

 ⇒シミ・そばかす

 ⇒肝斑

 ⇒イボ・ホクロ

 ⇒ニキビ

 ⇒ニキビ跡

 ⇒毛穴・黒ずみ

 ⇒美肌治療

お体の悩み

 ⇒痩身

 ⇒ダイエット

 ⇒ワキガ・多汗症

 ⇒刺青・タトゥー除去

 ⇒毛孔性苔癬

毛髪の悩み

 ⇒女性の薄毛

 ⇒男性の薄毛

開院前キャンペーン

福岡・天神で美容外科・美容皮膚科はトータルスキンクリニック
当院は来年の開院に向けて準備中の段階です。
開院までに友達登録をしてくださった方には開院後に次の処置をプレゼントをさせていただきます。

レーザーカーボンピーリング(幹細胞上清液導入付き)1回