最新のピコトーニングで透明感あふれる美しい素肌へ

一般的にシミのレーザー治療というと、強めのレーザーを1か所に照射してシミを焼いていく方法を思い浮かべる方が多いかと思います。

このトーニングというレーザーの照射法は、弱いレーザーをシャワーを浴びせるように肌に照射し炎症を起こさない程度の力で肌トーンを改善させていく治療です。

トーニングとは

レーザートーニング

トーニングとは、弱い出力のレーザーを当てる事でメラニン色素を少しずつ少しずつ減らしていく施術です。

従来行なわれていた高出力のレーザー治療は、肝斑(かんぱん)を悪化させてしまうことがありました。そのため肝斑にレーザーの照射は禁忌とさえ言われていましたが、このトーニングの出現により肝斑に対してのレーザーでのアプローチが可能となりました。

ピコトーニングとは

従来のトーニング治療で使用するレーザーよりも照射時間(パルス幅)の短いレーザー(ピコレーザー)を用いて行うのがピコトーニングです。

ピコ秒(1兆分の1秒)という驚異的に短いパルス幅のレーザーを照射するので、お肌にダメージを与えることなくメラニン色素を細かく分解していきます。つまり、ピコトーニングは従来のトーニングと比較して、少ない肌ダメージで高い効果を出せるようになっています。

ピコトーニングで改善できる症状

肝斑

レーザートーニングが最も効果を発揮できるのは肝斑治療に対してです。肝斑は刺激に対して悪化する性質をもっているため、従来のレーザー治療は肝斑に対しては禁忌とさえ言われていました。しかしレーザートーニングの出現によりその常識は覆され、安全に治療をしていくことが可能となりました。

くすみ

肌がくすんでしまう原因は様々ですが、“色素によるくすみ”や“角質によるくすみ”にピコトーニングは非常に効果的です。また、“乾燥によるくすみ”には幹細胞上清液の導入が有効です。

炎症後色素沈着

炎症後色素沈着は、炎症をきっかけに過剰に生成されたメラニン色素が肌内部に蓄積してしまった状態です。通常であればメラニン色素は自然に排出されるのですが、何らかの原因でターンオーバーが乱れるとそのまま蓄積し、シミとなります。肌細胞にダメージを与えずにメラニン色素を分解していくピコトーニングは炎症後色素沈着にも効果的です。

そばかす(雀卵斑)

頬や目元周辺に無数に散らばる“そばかす”は、色素の総量としては多いのですが一個一個の色素自体が薄いです。そのため、広範囲にゆっくりと作用していくピコトーニングはそばかす治療にも大変効果的です。

ピコトーニングのメリット

ダウンタイムは最小限

パルス幅がピコ秒と驚異的に短いため、お肌に対してのダメージが最小限です。そのため、照射後の赤みや色素沈着が起こりにくく、かさぶたも出来にくいという長所があります。

より「早く・キレイに」

従来のレーザートーニングと比較して1回あたりの色素破壊効果が高まっていますので、少ない回数で効果が実感できます。

コラーゲン生成の促進

ピコトーニングには真皮内でコラーゲン・エラスチンの生成を促す効果があるため、お肌にハリが出て肌質がアップしていきます。

ピコトーニングのデメリット

シミへの効果は限定的

ピコトーニングは従来のレーザートーニングよりもシミの改善効果は高まっているのですが、シミ取りレーザーと比較するとその効果は劣ります。特に老人性色素斑やADM(後天性真皮メラノサイトーシス)と呼ばれるシミに対しての効果はほとんど期待できません。ピコトーニングで効果の期待できるシミは肝斑、ソバカス(雀卵斑)、炎症後色素沈着になります。お悩みの原因が老人性色素斑やADMであるならば、シミ取りレーザー(ピコスポット)をお勧めします。

毛穴縮小効果は少ない

ピコトーニングを受けていただくとコラーゲンが生成されお肌の引き締め効果も期待できますが、その効果は僅かです。お悩みの主体が毛穴開き・黒ずみであれば、レーザーカーボンピーリングやピコフラクショナル、ダーマペンの方が効果的です。

施術に伴う合併症

赤み・腫れ

照射後に一時的に赤みや腫れが生じることがありますが、数時間で消失します。

毛穴の赤み

毛穴に一致するポツポツした赤みが出現することがありますが、数日で消失します。

肝斑の悪化

肝斑が改善していく前段階として一時的に悪化することがありますが、照射を続けていくうちに改善していきます。

施術後の注意点

洗顔やメイクは施術直後より可能ですが、十分なUVケアと保湿をお願いします。

施術後の注意点

施術後は十分なUVケアと保湿をお願いします。

当院のピコトーニングに対してのこだわり

ピコトーニングは多くの美容クリニックでは流れ作業のように済まされる処置の一つですが、当院では1回1回の照射で最高のパフォーマンスを出せるよう、以下の様なこだわりを持って施術にあたっています。

医師による照射

どれだけ性能の良い機械を使用していたとしても、完全にマニュアル化された照射では最高の結果を出すことはできません。当院は初回の照射から一貫して院長が担当しますので、患者様ごとの肌状態や変化の程度を見ながら最適な出力とスピードで施術を行います。

幹細胞上清液の導入付き

幹細胞上清液導入付き

レーザー照射後の美容成分の導入は非常に有効で、相乗効果が期待できることが知られています。当院ではピコトーニング後に幹細胞上清液の導入を無料でお付けします。

当院で使用している幹細胞上清液についてはこちら

頬だけでなく全顔に照射

頬だけの照射を基本としているクリニックもありますが、当院では頬を含めた全顔への照射を行っています。(肌状態によっては照射を避ける部位が出る事もあります)

最新のピコレーザー|PicoLo(ピコロ)

最新のピコレーザー機(ピコロ)を採用

様々なピコレーザー機が登場していますが、当院ではFDA(アメリカ食品医薬品局)および厚生労働省の認可を得ているPicoLo(ピコロ)を採用し、照射を行っています。

施術について

施術部位全顔・首
施術時間15分
施術間隔最初は1~2週間ごと、変化が出てきたら4週間ごと
施術前の準備メイク落とし
施術後の通院なし
痛みほぼ無し
麻酔笑気麻酔(無料)
ダウンタイムなし
メイク直後から可
洗顔直後から可
シャワー当日から可
入浴当日から可
合併症赤み、腫れ、シミの一時的な悪化
注意事項
ピコトーニングについて

施術の流れ

診察・カウンセリング
お顔の状態を医師が診察し、ピコトーニングで得られる効果や注意点を説明させていただきます。
施術前の準備・洗顔メイクと落とし
クレンジングと洗顔を行っていただきます。
クレンジングや洗顔料は当クリニックでご用意しています。
施術
肌状態に合わせた出力とスピードで丁寧に照射を行い、照射後には幹細胞上清液の導入を行います。
アフターケア
アフターケアについて説明を受けていただき、ご帰宅となります。

費用

施術名部位通常価格(税別)AA会員価格(税別)
ピコトーニング全顔20,000円15,000円
全顔+首30,000円20,000円
オプション 幹細胞上清液導入無料無料

よくある質問

ピコレーザーで美白になれますか?

個人差はありますが、繰り返し照射を行っていくことで、施術部分が1トーンから2トーンほど明るくなります。

ピコトーニングの痛みが心配です。

ゴムではじく程度の痛みはありますが、耐えられないほどの痛みではありません。

ピコトーニングの効果は何回で現れますか?

求める効果にもよりますが、早ければ1回目から効果を実感していただけます。

ピコトーニングに要する時間はどれくらいですか?

レーザーの照射自体は10分程度で終わります。その後に行う幹細胞上清液の導入も10分程度要します。

ピコトーニングとピコフラクショナルの違いはなんですか?

ピコトーニングは色素を分解していく治療です。ピコフラクショナルは真皮に穴をあけることで肌の凹凸を治していく治療です。

開院前キャンペーン

当院は来年の開院に向けて準備中の段階です。
開院までに友達登録をしてくださった方には開院後にささやかなプレゼントをさせていただきます。