これまでのフラクショナルでは満足できない方に
最先端のピコフラクショナルでお肌の再生を

毛穴や小じわの悩みで美容クリニックに行くと、フラクショナルCO2レーザーを勧められることが多いと思います。でもその痛みやダウンタイムの長さに耐えられず、2回目の治療を断念された方も多いのでは。

ピコフラクショナルは従来のフラクショナルレーザーの欠点を改良し、気軽に受けていただけるようになった画期的な治療です。

最先端のピコフラクショナル

ピコフラクショナルはこのような方におすすめ

  • 小じわや毛穴の開きを治したい
  • 肌の質感を改善したい
  • 従来のフラクショナルCO2は辛くてやめた
  • 若々しい肌を取り戻したい
  • ニキビ跡で悩んでいる
  • 小じわが気になってきた
  • 痛みが少なく肌質を良くしたい
  • ダウンタイムの少ない効果的な治療をしたい

ピコフラクショナルとは?

真皮層に微細な穴を開け「コラーゲンの増生&ターンオーバーの正常化」を行います。そうすることで加齢と共にダメージが蓄積した肌が新しい肌に入れ替えていく画期的な治療です。従来のフラクショナル治療はCO2レーザーを用いて行っていたため、肌表面にも傷がつくため痛みの強さとダウンタイムの長さが特徴的でした。ピコフラクショナルは高密度のピコレーザーを照射して皮膚の中で衝撃波を発生させるので、皮膚の表面にダメージを与えずに肌の内部に微小の空洞を作ります。その空洞に刺激されコラーゲンの増殖・エラスチンの生成が行われ、肌細胞の再生力が高まることで肌質を改善します。

ピコレーザーとは

ピコ秒(1兆分の1秒)という、非常に短いパルス幅の照射を行うのがピコレーザーになります。

数年前までの主流はQスイッチレーザーという、ナノ秒(10億分の1秒)のパルス幅のレーザーが中心でした。Qスイッチレーザーも開発された当時は画期的だったのですが、ピコレーザーが登場した今となっては効果やダウンタイムの面で圧倒的に劣ることになってしまいました。

最先端のピコレーザー
ピコフラクショナルとピコトーニングの違い

ピコトーニング・ピコスポットとの違い

ピコフラクショナルが肌組織の再生(入れかえ)に重点を置いた照射方法であるのに対し、ピコトーニングとピコスポットはシミ取り(色素の除去)に重点を置いた照射方法になります。詳しくは各々のページをご覧ください。

当院採用のピコレーザー

当院でピコフラクショナルに使用する機械は、FDA(アメリカ食品医薬品局)および厚生労働省の認可を得ているPicoLo(ピコロ)です。Picolo(ピコロ)は数あるピコレーザーの中でも最も優れた機器で、エネルギーとパルス幅の両方で最高の安定性を維持できることが知られています。

ピコフラクショナルの効果

ピコフラクショナルは照射部位に無数の小さな空洞を作り、細胞の再生を促すことで肌を入れ替える治療です。細胞が刺激されることでコラーゲンやエラスチンが生成され、皮膚の再生能力が活性化されます。その結果、次のような効果を実感していただく事が可能です。

  • ニキビ跡の改善
  • 開いた毛穴の縮小
  • 小じわの治療
  • 肌の凹凸の改善
ピコフラクショナルのダウンタイム

ダウンタイム

施術後数時間は赤みが僅かな赤みが生じます。数時間後には治まることがほとんどですが、2日程度かかるケースもあります。

ピコフラクショナルと従来のフラクショナルレーザーの違い

  • 皮膚表面のダメージが少ないため、痛みがほとんどない
  • ダウンタイムが短く、施術後の赤みが数時間から2日程度で消える
  • 1回あたりの効果が高く、しわやたるみの改善や肌全体の若返りが可能
ピコフラクショナルとCO2フラクショナルの違い
種類ピコフラクショナル従来のフラクショナル
効果
肌表面へのダメージ×
痛み
ほぼなし
×
痛みが強いため麻酔が必要
ダウンタイム
数時間~2日
×
数日~1週間
必要回数
5回~10回

10回以上
1回あたりの費用×
高い

安い
ピコフラクショナルとフラクショナルCO2の違い

トータルスキンクリニックのピコフラクショナルの特徴

医師が施術を担当

最先端のピコフラクショナルといえど、完全にマニュアル化された照射では満足のいく結果を出すことはできません。当院では初回の照射から一貫して院長が担当しますので、患者様ごとの肌状態や改善の程度を見極めながら最適な出力とスピードで施術を行います。

医師によるピコフラクショナル
ピコフラクショナル+幹細胞上清液

幹細胞上清液の導入付き

ピコフラクショナルの照射後、当院では幹細胞上清液(HSCM-100)の導入を行います。併用することで肌の再生力の向上が期待でき、ダウンタイムを短くする効果も望めます。

当院で使用する幹細胞上清液についてはこちら

効果が高い

数多くの症例を担当してきた院長が照射を担当するため1回1回の施術における効果が高く、多くの方々がピコフラクショナルでの肌の質感アップの効果を実感されております。

ピコフラクショナルの効果が高い
ピコフラクショナル|地域最安値

リーズナブルな価格

幹細胞上清液の導入がついて1回あたり15,000円(税別・会員価格)と続けやすい安心価格にしています。

施術の経過で不安な事はいつでも対応

新しい治療を受ける時には少なからず不安や悩みが出てくると思います。ネットで調べても正しい情報ばかりとは限りません。当院では公式LINEアカウントでいつでも院長に直接相談することが可能です。

ピコフラクショナルを相談

施術の流れ

診察・カウンセリング
肌状態について医師が十分に診察を行い、ピコフラクショナルで期待できる効果、注意点を説明します。
施術前の準備・洗顔メイクと落とし
クレンジングと洗顔を行っていただきます。
クレンジングや洗顔料は当クリニックでご用意しています。
施術(ピコフラクショナル)
皮膚状態や悩みに合わせた出力とスピードでピコフラクショナルレーザーを照射していきます。
施術(幹細胞上清液導入)
ピコフラクショナルが終わった後に幹細胞上清液(HSCM-100)の導入を行います。
アフターケア
アフターケアについて説明を受けていただき、ご帰宅となります。

施術について

施術部位全顔・首
施術時間15分
施術間隔2週間~4週間ごと
施術前の準備メイク落とし
洗顔
施術後の通院なし
痛み軽度
麻酔笑気麻酔(無料)
ダウンタイム数時間~2日程度
メイク直後から可
洗顔直後から可
シャワー当日から可
入浴当日から可
合併症赤み
注意事項まれに湿疹が出ることがありますが、数日で改善します
ピコフラクショナルについて

費用

施術名部位通常価格(税別)AA会員価格(税別)
ピコフラクショナル全顔20,000円15,000円
全顔+首30,000円20,000円
オプション 幹細胞上清液導入無料無料

よくある質問

ピコフラクショナルはどういった毛穴に効果的ですか?

毛穴の悩みには毛穴開きやたるみ毛穴がありますが、「毛穴開き」に非常に有効です。たるみ毛穴や毛穴の黒ずみには他の施術が効果的です。

ピコフラクショナルは妊娠中でも受けられますか?

まことに申し訳ありませんが、当院では妊娠中の方への施術はお断りさせていただいています。

ピコフラクショナルとシミ取り治療は一緒にできますか?

シミ取り(ピコスポット)と同日に受けていただけます。カウンセリング時にご相談ください。

カウンセリング当日にピコフラクショナルの施術をしてもらえますか?

基本的には大丈夫です。念のため、予約の際に「当日の施術を希望」とお伝えください。

1回でも効果は実感できますか?

当院のピコフラクショナルは1回の施術でも効果を実感していただきやすいですが、基本的には5回程度の施術を推奨しています。

ピコトーニングとピコフラクショナルのどちらがいいのか分かりません。

ピコトーニングは色素に対して、ピコフラクショナルは肌細胞に対してアプローチする治療です。シミなどのお悩みでしたらピコトーニング、凹凸などのお悩みでしたらピコフラクショナルが有効です。二つの施術を一緒に受けていただく事も可能です。

開院前キャンペーン

当院は来年の開院に向けて準備中の段階です。
開院までに友達登録をしてくださった方には開院後にささやかなプレゼントをさせていただきます。