最先端のレーザーで理想の肌へ

シミの中でも治りにくいことで有名な肝斑(かんぱん)

美容クリニックに相談して、長い時間と高い費用をかけて治療を行ったけれどほとんど改善しなかった。そんな体験をされた方も多いのではないでしょうか。

このページでは肝斑の原因や予防法、効果的な治療法について解説していきます。

肝斑の原因と予防法・治療法

肝斑の原因

肝斑の原因

肝斑はシミの一種です。シミは過剰なメラニン色素が肌の内部に蓄積することで発生します。肝斑も他のシミと同様にメラニン色素の蓄積でできるのですが、他のシミとは発生に関わる原因が異なってきます。具体的には以下の3つが指摘されています。

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 摩擦
  • 紫外線

ホルモンバランスの乱れ

肝斑は妊娠や避妊薬服用時、更年期に発生することが多いため、女性ホルモンが関わっていると考えられています。妊娠すると黄体ホルモンの分泌が活発になり、避妊薬服用時にも黄体ホルモンが優位な状態になり、また、更年期には卵巣の機能が低下してホルモンバランスが乱れるからです。そういったホルモンバランスの乱れが肝斑の発生には大きく影響しています。

摩擦

肝斑は頬や額などに好発しますが、その部位は洗顔やマッサージの際に強い摩擦が生じやすい部位でもあります。そのことから、肝斑は摩擦などの外的刺激によって生じた色素沈着という側面を持つことが分かっています。

紫外線

楽しみと違い肝斑は紫外線が直接の原因ではありません。しかし、UVケアをせずに日光にさらされている時間が長い方は、肝斑が悪化しやすいことが指摘されています。

肝斑の特徴

肝斑は境界が不明瞭な薄い褐色のシミです。左右対称に出現しますが、輪郭や形状がはっきりせずにぼんやりと広がります。

30代~40代の女性に多くみられ、目の下付近から頬の骨にかけて三日月状に現れることが一般的です。また、目の下以外にも、おでこや頬に現れることもあります。

妊娠後期、更年期に発症・悪化しやすいため女性ホルモンの影響が考えられており、また、ストレスも要因の一つと言われています。物理的な刺激に反応して濃くなりやすいため、強いダメージを与えると容易に悪化します。

つまり、スキンケアの際に顔をこすったり不用意に強いレーザーを当てると悪化するという特徴を持っています。

肝斑の特徴

肝斑の予防法

肝斑を発生させないために、また、肝斑を悪化させないためには以下の事に注意しましょう。

紫外線対策

肝斑を含めシミや肌トラブルには紫外線対策は必須です。日光がある限り紫外線を避けることはできません。

夏場の外出時だけでなく冬場や室内でもUVケアを意識するようにしましょう。

肝斑の予防法・治療法

肌をこすらない

肌への強い刺激は肝斑を悪化させます。洗顔やメイク、マッサージをする時は肌を強くこすらないようにしましょう。洗顔時には石鹸をよく泡立てて、汚れを泡で吸着させるようなイメージでお顔を洗いましょう。石鹸を洗い流す時や顔を拭くときも、お肌を刺激しないようにしましょう。

肝斑の予防法・治療法

ストレスをためない

ストレスも肝斑の原因の一つと考えられています。その因果関係は完全には解明されていませんが、過度なストレスがかかるとホルモンバランスが乱れるので、その乱れが肝斑の発生につながっているのかもしれません。

ストレスの無い生活というのは難しいかもしれませんが、運動を取り入れるなど、適度にストレスが発散できる環境づくりを意識していきましょう。

肝斑の予防法・治療法

肝斑の治療法について

『トータルスキンクリニック』では肝斑に特化したレーザーや内服薬を取り揃えています。患者様一人ひとりの肌状態を見極め、難治性のシミである肝斑の改善に向けた最適な治療法をご提案させていただきます。

肝斑に有効な治療

従来、肝斑は刺激に反応して悪化するためレーザー治療は禁忌と言われており、積極的な治療ができませんでした。しかし今では肝斑にも効果的なレーザー治療や服薬治療の出現により、これまで難しいとされてきた肝斑の治療も可能になりました。

レーザーカーボンピーリング

極小のカーボン粒子と低出力のレーザーが肝斑の原因であるメラニン色素を穏やかに除去していきます。肝斑を改善させるだけでなく肌のキメを整えて毛穴を引き締める効果もあるため、美肌治療としても有効です。痛みやダウンタイムもほとんどなく、治療当日からメイクも可能です。

レーザーカーボンピーリングでシミの治療をする女性
肝斑の治療にはピコトーニング

ピコトーニング

弱い出力のレーザーを当てて、メラニン色素を少しずつ薄くしていく治療です。レーザーカーボンピーリングと比較すると毛穴改善効果等はやや劣りますが、カーボンピーリング同様ダウンタイムもほとんどなく、人気の治療です。

トラネキサム酸

肝斑はメラニン色素の沈着で生じるのですが、トラネキサム酸はメラニン色素発生の要因のひとつであるメラノサイト活性化因子「プラスミン」をブロックします。肝斑の原因となるメラニンの発生が抑えられるので、服用することで肝斑を薄くしていくことが可能です。

肝斑にはトラネキサム酸が有効
監修医師:トータルスキンクリニック院長

美容外科学会正会員・美容皮膚科学会正会員・抗加齢医学会正会員