髪が生え変わり続ける喜びを

植毛とは(自毛植毛)

植毛とは(自毛植毛)

自毛植毛とは、後頭部に生えている毛髪を採取し、生え際や頭頂部などの薄毛部分に移植する外科手術です。

薄毛の主な原因であるAGA(男性型脱毛症)は、男性ホルモンの一種であるDHT(ジヒドロテストステロン)が受容体と結合することで起こります。DHTと結びつく受容体は生え際・頭頂部の毛髪に多く存在し、側頭部・後頭部の毛髪にはほとんど存在しません。

AGAで生え際や頭頂部が薄毛になることはあっても、側頭部や後頭部の毛髪が残ったままなのは、そういった理由からなのです。

自毛植毛では、この残った後頭部の毛髪を採取し、薄くなってしまった生え際や頭頂部に移植します。移植された毛髪は元々の性質を維持するため、後頭部に生えていた時と同様、DHTの影響を受けずに生え続けるのです。

植毛(自毛植毛)のメカニズム

自毛植毛のメカニズム

自毛植毛では、毛髪と周囲の皮膚組織も合わせて採取します。
毛髪・皮膚組織のひとまとまりを「グラフト」と呼びます。自毛植毛はグラフトの採取⇒グラフトを植える毛穴の作成⇒グラフトの移植という流れで行われます。

自毛植毛には大きく「FUE」と「FUT」の2つの方法があり、グラフトの採取方法が異なります。

「FUE」では毛根を周囲の皮膚組織ごと回転するパンチで一つ一つ採取し、「FUT」では後頭部の頭皮を帯状に切り取り、そこから移植に使う健康な毛根を採取します。

その後、気になる薄毛の部分に1㎜弱の小さい毛穴を作成し、そこに採取したグラフトを植え込むのです。丁寧かつスピーディーに行われた手術では組織内の毛母細胞は死なないため、移植した場所に生着するのです。

植毛(自毛植毛)と他のAGA治療との違い

AGA治療は服薬による治療が基本です。AGAの服薬治療は、AGAの原因物質であるDHTの生成を抑制する「フィナステリド・デュタステリド」や、成長期を延長させる「ミノキシジル」があります。

これらの服薬治療は、AGAの進行予防やヘアサイクルが尽きていない毛髪には効果がありますが、寿命を迎えてしまった部分の毛髪には効果がありません。その部分に大きな変化をもたらせるのは、自毛植毛のみになります。

当院の植毛(自毛植毛)の特徴

自毛植毛手術では、後頭部から採取した毛髪を生え際等に植えていきます。採取された毛髪は、しばらくの間、無酸素・無栄養状態になります。

無酸素・無栄養状態だと細胞がダメージを受け、それが長時間になってしまうと、せっかく採取した毛根は死んでしまいます。手術のスピードや採取時のグラフトへのダメージに配慮するのは当たり前の事、当院では生着率を高めると言われている幾つかのオプションを無料でお付けします。

生着率を高める重要なオプション

ハイポサーマソル

ハイポサーマソル

「ハイポサーマソル」とは体内環境に似せた組織培養液です。

pHや浸透圧を体内環境に合わせてあるので、毛髪が採取されてから再び植えるまでの間にハイポサーマソルに浸しておくと、毛髪が生存しやすくなります。

また細胞ダメージを誘発する活性酸素等の有害物質から、毛髪を守ってくれます。国際的にも評価されているものなので、無料オプションとして採用しています。

ATP

「ATP」とは毛髪にとっての栄養です。

血管から切り離された毛髪はしばらくは十分な栄養がもらえない状態が続きます。ATPを使用すると毛髪は栄養を補給することができ、結果、生着率が高まります。

こちらも当院では無料でお付けします。

ATP

当院の植毛(自毛植毛)の注意点

当院は少ない人数で植毛の手術を行う関係もあり、幾つか注意事項があります。よい結果を出すために設けさせていただいた事項ですので、ご理解ください。

採取方法はFUEのみ

移植毛を採取する方法にはFUEとFUTの2種類があります。

現在、世の中のほとんどはFUEの術式で行われていますが、当院の植毛でも「FUE」を採用しています。FUTでの手術はお受けしておりませんので、ご了承ください。

採取部位の刈り上げ

移植毛を採取する後頭部は、刈り上げをお願いしています。刈り上げずに採取を行う方法もありますが、採取に時間がかかる可能性が出てきます。

採取に時間がかかると患者様へのご負担も多くなるため、基本的には刈り上げての採取を推奨しています。どうしても刈り上げたくない場合には対応可能ですので、まずはご相談ください。

1回に500グラフトまで

少ない人数で手術を行うため、1回の手術で移植できるのは最大で500グラフトまでとさせていただきます。それ以上のグラフト数になると手術時間が長くなり、生着率に影響が出る可能性があるからです。

500グラフトだと移植できる面積はやや少ないのですが、M字を少しだけ埋めたい方や、1回目に手術をした部分の密度アップなどにご利用ください。

費用

施術名 通常価格(税込) AA会員価格(税込)
植毛(自毛植毛)
(500グラフトまで)
398,000円
(500グラフトの場合:1グラフトあたり796円)
249,000円
(500グラフトの場合:1グラフトあたり498円)
オプション 笑気麻酔 ブロック麻酔 ハイポサーマソル ATP 無料 無料

よくある質問

ヒゲへの植毛は可能でしょうか?

ヒゲへの植毛も対応しております。料金は変わりませんので、まずはご相談ください。

手術に痛みはありますか?

自毛植毛は局所麻酔の時に痛みが生じます。静脈麻酔をお付けすることも可能(無料)ですので、ご不安な方はご相談ください。

『自毛植毛・FUE植毛』(2020年最新版)