まぶたのタルミを解消して、見た目年齢マイナス10歳

上まぶたのたるみが目立つと、一気に老け感が増します。そのたるみを切開で解消するには、全切開二重整形によるたるみ取りと眉下切開という2つの方法があります。

全切開二重整形によるたるみ取りはダウンタイムが長いという欠点がありますが、眉下切開はダウンタイムが比較的短く、気軽に受けていただきやすい治療です。

眉下切開はこのような方におすすめ

  • まぶたのタルミが気になっている
  • ダウンタイムがあまり取れない
  • 若いころの二重まぶたを取り戻したい
  • 自然な二重まぶたを取り戻したい

眉下切開|上まぶたのたるみ治療

眉下切開とは眉毛の下の皮膚を切除することで、上まぶたのたるみを取り、若々しい印象を取り戻欠す治療です。

余分な皮膚・皮下脂肪・眼窩脂肪を切除して、まぶたのたるみを取り除きリフトアップを行います。毛包斜切断で眉毛の生え際ギリギリを切開し、眉毛の毛根は傷つけないようにするため、傷もほとんど目立ちません。

当院の眉下切開へのこだわり

デザインにこだわるのは当たり前、当院では次のようなこだわりを持って治療にあたっています。

毛包斜切断

皮膚を切除する時、眉毛に対して垂直に切開すると毛根が傷つき、手術からしばらくして眉毛が生えなくなります。眉毛が生えなくなると傷が目立つ原因になります。

毛包斜切断は眉毛に対して斜めに切り込むので、毛根を傷つけることがありません。傷跡の部分から眉毛が成長するので、傷跡を目立たなくします。

皮下脂肪・眼窩脂肪の除去付き

当院では、たるんだ皮膚の切除だけでなく、必要性やご希望があれば皮下脂肪・眼窩脂肪も併せて切除します。脂肪の除去に関してはオプションで追加料金を求めるクリニックも多いようです。

目立ちにくい透明の糸で縫合

切開した部分を縫合する時、多くのクリニックでは黒い糸で縫合します(抜糸の際、看護師が裸眼で行うため、黒い糸でないと見落とすことがあるからです)。ただしそれだと糸が目立つため、当院では透明な糸で縫合します。当院では抜糸は医師が拡大鏡を使用して行いますので、見落とすことはございません。

静脈麻酔付き

手術の時に最も痛いのは局所麻酔の時になります。その時の痛みを感じなくて済むように、当院では静脈麻酔を無料でお付けします。

超極細(34ゲージ)の注射針

局所麻酔で使用する注射針は、超極細の34ゲージ針を使用します。静脈麻酔を使用しているので注射の際に痛みを感じる可能性は極めて低いのですが、念のために注射針も細いものをご用意しています。

カウンセリングから施術まで院長が対応

当院ではカウンセリングから施術まで院長が一貫して行っております。十分に時間をかけて診察する中で患者様の理想とするイメージを引き出し、共有させていただきます。そうすることで、治療後に鏡を見た時の「なりたい自分と違う」といったトラブルを防ぐことができます。

術前・術後で不安な時はいつでも対応

切開系の手術を受ける前後では、腫れや傷の治り具合等の事で不安が生じてきます。当院はそういった不安に対して、24時間院長が対応できる体制を整えています。

施術の流れ

診察・カウンセリング
まぶたの状態について医師が十分に診察を行い、治療方針を決定します。
施術前の準備・洗顔メイクと落とし
クレンジングと洗顔を行っていただきます。
クレンジングや洗顔料は当クリニックでご用意しています。
施術
十分な時間をかけてデザインをします。
麻酔が効いたら眉毛の直下を切開し、余分な皮膚や脂肪を切除し、丁寧に縫合します。
透明な糸を使用して細かく縫合しますので、一般的な眉下切開より傷は目立ちにくくなります。
アフターケア
アフターケアについて説明を受けていただき、ご帰宅となります。

施術について

施術部位眉毛の下の部分
施術時間30分~1時間
施術間隔なし
施術前の準備洗顔、メイク落とし
施術後の通院5日~10日後(抜糸のため)
痛みほぼなし
麻酔静脈麻酔、笑気麻酔(無料)
ダウンタイム1週間程度
メイク縫合した部分は抜糸後から可
洗顔直後から可
シャワー当日から可
入浴3日後から可
合併症腫れ
内出血
左右差
縫合部の傷
注意事項個人差により赤み・盛り上りが長引くことがありますが、最終的に目立つことはほとんどありません。
眉下切開について

費用

施術名 部位 通常価格(税込) AA会員価格(税込)
眉下切開|眉下リフト 両目 180,000円 128,000円
片目 130,000円 79,000円
オプション 皮下脂肪・眼窩脂肪除去 静脈麻酔 無料 無料

症例紹介

準備中

よくある質問

ダウンタイムはどれくらい必要でしょうか?

眉下切開では抜糸が1週間後になるため、それまでは縫合部はメイクが出来ません。1週間後の抜糸以降はメイクが可能ですので、傷跡は隠しやすくなります。ただし、傷が落ち着くには時間がかかり、1か月~3か月は必要になります。

同様の効果が期待できる施術

まぶたのたるみが軽度の場合には、埋没法二重整形で改善できる可能性もあります。

『眉下切開』(2020年最新版)