老け顔、疲れ顔を解消

「目元」はその人の第一印象を大きく左右します。上まぶたのたるみ、目の下のたるみの治療は、繊細なテクニックだけでなく生まれ持った美的センスも必要となってきます。

当院では患者さま一人ひとりの目元の状態を丁寧に診察し、ご希望に合った最適な治療を行うことで、根本から若々しさを取り戻します。

目元のたるみのタイプ別治療法

上まぶたのたるみ

上まぶたのたるみが生じる原因は複雑で、多くの場合には複数の要因が重なってたるみに繋がっています。当院では上まぶたのたるみを2種類に分類しますが、上まぶたは顔の印象を左右する大切なパーツです。1人の医師からの提案だけで治療に踏み切るのではなく、複数の医師の診察を受けた上で適切な治療法を決定するようにしましょう。

まぶたが重い、二重幅が狭くなった

加齢に伴い皮膚が伸びてかぶさってくると、歳をとったように見えてしまいます。この場合、余った皮膚を切除することで若々しく見えるようになります。まぶたも軽くなり、目の疲れも軽減されます。

眉下切開

眉下の生え際ラインに沿って切開し、たるみの原因となっている余剰皮膚を取り除き上まぶたのたるみを解消する治療法です。

眉毛直下の皮膚を切除するので、印象を大きく変えることなく若返ることができるのが特徴です。また、ダウンタイムも比較的短いため、多くの方に受け入れられやすい方法です。

上まぶたのたるみ取り

上まぶたのたるみ具合に合わせて、皮膚・脂肪を切除したるみを改善させる方法です。

たるみが強い年配者の場合、切開線が長くなり多くの皮膚を取り除く必要があります。切除し過ぎると厚ぼったいまぶたになってしまいますので、無理のないデザインで余剰皮膚を切除することが大切です。

まぶたが黒目に覆いかぶさっている

まぶたが黒目に覆いかぶさるようにたるんでいる場合、眼瞼下垂(がんけんかすい)の可能性があります。眼瞼下垂はまぶたを開くための筋肉が衰えることで起こります。目つきが悪くなり、額にシワができてしまうなどの外見的な問題も生じます。頭痛や肩こりの原因にもなり、日常生活に支障がでることもあります。

切らない眼瞼下垂

糸でゆるんだ筋肉を縫い縮め、上まぶたを開く力を改善させる治療法です。切る手術に比べてダウンタイムが短いため、軽症から中等症の方の眼瞼下垂には非常に適した治療法です。

トータルスキンクリニックの美容医療へのこだわり

全施術、責任者である院長が担当

当院を信頼して受診して下さる患者様の施術は、必ず院長が担当します。どのような簡単な施術でも、無資格者やアルバイトの医師に任せることはありません。

おとり広告の撤廃

一部の美容クリニックには広告に記載するためだけの安価な施術が存在します。広告には魅力的な文言が並んでいるのに、実際にカウンセリングを受けるとその施術の欠点ばかりを言われ、高い施術に誘導されます。当院はそういった手法は行いませんので、安心してご来院ください。

有効なオプションは無料で提供

レーザー治療後の成長因子の導入や手術時の笑気麻酔等、安心して効果的に美容医療を受けていただくために、多くのオプションは無料で提供させていただきます。

最高品質の機器や薬剤を採用

当院で採用している機器や薬剤は、院長自身が体験して納得したうえで採用しています。いずれの機器・薬剤も美容業界では知名度の高いものばかりです。安価なクリニックだから品質が悪いなどという事はありませんのでご安心ください。

広告に頼らない経営方針

美容医療の広告は非常に高額で、一人の患者様の来院のために2万円~3万円の費用が必要になってきます。広告を利用すると集患は楽かもしれませんが、その費用を治療費に上乗せする必要が出てしまいます。当院は少しでも施術費用を下げるために広告は用いず、患者様の口コミと評判で勝負していきます。

完全予約制でプライバシーに配慮

当院は完全予約制のため、クリニック内に同時に多数の患者様がいることは基本的にはありません。そうすることでプライバシーは守られ、ウイルス感染症のリスクも抑えられます。

術前・術後で不安な時はいつでも対応

美容医療を受けられる際、施術の前後で多少なりとも不安が生じてくると思います。当院はそういった不安に対して、公式LINEアカウントで院長が対応させていただきます。

医療倫理の遵守

利益最優先の美容クリニックが乱立する中、トータルスキンクリニックは当院の利益と倫理が相反した場合、迷わず倫理を優先することを約束します。

『目元のたるみ』(2021年最新版)