難治性ニキビの切り札

現在、アキュテインは新規受付中止中です。

保険診療では改善の期待できない中等症~重症のニキビ。そういったニキビにはアキュテイン(イソトレチノイン)やホルモン治療が効果的です。

ホルモン治療は副作用も少なく多くの女性に受け入れやすい治療ですが、男性が受けられない事や治療期間が長いことが欠点になります。

そのため、短期間でニキビ体質を根本から治したい方や難治性のニキビで悩む男性には、アキュテインが効果的です。

アキュテイン・イソトレチノイン

アキュテインとは?|難治性ニキビの治療薬

アキュテイン・イソトレチノインとは?|難治性ニキビの治療薬

アキュテインはイソトレチノインと呼ばれるビタミンA誘導体で、皮脂の分泌を抑える作用や抗炎症作用に優れています。中等症~重症の炎症性ニキビ、繰り返す難治性のニキビに対して絶大な効果が証明されています。

日本では厚生労働省の認可がおりてないため自由診療でしか処方できませんが、欧米ではニキビ治療に一般的に使用されており、ニキビ治療のガイドラインでも推奨されている薬です。また、全世界でも30年以上前から使用されており、「ニキビ治療の切り札」と呼ばれることもあります。

アキュテインはこのような方におすすめ

  • 繰り返すニキビに悩んでいる
  • ニキビがすぐに再発する
  • ケミカルピーリングで治らなかった
  • ニキビ跡が増えてきている
  • ニキビ体質を根本から治したい

アキュテインの効果

アキュテインの効果ですが、中等症のニキビでお悩みの患者さんに対して24週に渡って20mg/日のアキュテイン治療を行ったところ、98.99%の方が改善し、その中でも98.3%の方は劇的に改善しています。また、重症のニキビ患者さんに対して20週に渡って1mg/kgのアキュテイン治療を行ったところ、90%の患者さんで95%以上の炎症性ニキビが減少しています。

現行のニキビ治療の中では最も改善率が高く再発率の低い治療であるため、セルフケアや一般皮膚科のニキビ治療を受けてもニキビが改善しなかった方にとっては、まさに救世主ともいえる治療でしょう。ちなみに、アキュテイン以外の呼び名には、ロアキュテイン、イソトロインなどがあります。

アキュテインの効果

アキュテインの副作用

一部のアフィリエイトサイトでは、アキュテインは副作用が凄く、絶対に内服しちゃいけない薬の様に表現されている事すらあります。確かに通常のニキビ治療薬と比較すると副作用には注意が必要ですが、適切に管理すれば過度に恐れる必要はありません。

乾燥

アキュテインの副作用

アキュテインの副作用には色々報告されていますが、粘膜の乾燥(唇・鼻・目の乾燥など)はほぼ必発です。

使い続けるうちに落ち着いていきますが、しばらくの間はワセリン塗布や乳液の使用等で対応していきます。

催奇形性

アキュテインの重大な副作用の一つに、催奇形性があります。これは、服用中に妊娠すると、胎児に奇形を引き起こす可能性があるという事です。

そのため、アキュテインの服薬期間中と服薬後終了後1か月間は避妊の徹底が必要です。(以前は服用終了後6カ月間の避妊が推奨されていましたが、現在は1か月とされています)

*避妊は男女ともに必要になります。

好転反応

アキュテインの好転反応

服用を開始して1週間~2週間頃から、治療前よりニキビが悪化してしまうことがあります。これは「好転反応」と呼ばれており、肌の活性化に伴う一時的な症状です。

効果が出ている証拠でもありますので、慌てずに肌が落ち着いていくのを待ちましょう。好転反応は4週間~6週間で落ち着いていきます。

当院のアキュテイン療法の特徴

トータルスキンクリニックのアキュテイン療法の特徴

適切に使用すれば高い効果の期待できるアキュテイン療法ですが、多くのクリニックでは適切な用量や用法が守られておらず、また、副作用の管理もなされていません。そのため、せっかくアキュテインを使用しても改善しないどころか副作用に悩まされるだけというケースが散見されます。また、用量依存性に効果が高まることも分かっており、成人であれば40mg/日程度までは増量が必要になるケースもあります。

豊富な処方経験に基づいたご提案

院長はこれまでに多くの患者様のニキビの悩みを解決してきました。これまでの治療歴やニキビの重症度に応じて処方量の調整を行い、最短でニキビになりにくい肌へと導きます。

定期的な診察と血液検査

アキュテインは一人一人で効果的な用量が異なるため、最初は少量から開始し、効果と副作用のバランスを見ながら増量していくのが一般的です。

当院ではより安全にアキュテインを処方するため、月1回の診察と定期的な採血(初回及び薬剤増量時)で経過を確認しながら処方していきます。

40mgまでは価格据え置き

上でも述べましたが、アキュテインは一人一人で効果的な用量が異なります。通常は20mgから開始して、30mg or 40mgで効果が認められるケースが多いですが、多くのクリニックでは用量に応じて料金も上がります。それだと経済的理由から十分な期間継続できなくなる患者様もいらっしゃいます。

そういった事情による中断を避けるため、当院では用量が増えても価格は据え置きとさせていただいています。

ニキビ跡治療にも精通

中等症~重症のニキビで悩まれている方は、多少なりともニキビ跡も存在することがほとんどです。当院ではニキビ跡治療に効果的なレーザー機器等も取り扱っているため、ニキビが治った後のニキビ跡治療でもお役に立てるかと思います。

ニキビ治療中の不安な事はいつでも相談可

ニキビのアキュテイン療法では多少の副作用とは上手に付き合っていかないといけません。乾燥などの軽微な副作用だけの事がほとんどですが、とは言っても不安な気持ちは出てきます。当院では公式LINEアカウントでいつでも院長に直接相談することが可能です。

治療の流れ

診察・カウンセリング
医師がお肌の状態を診察させて頂き、アキュテインの効果と副作用を説明します。
治療開始
効果、副作用にご納得いただけましたら血液検査を行い治療開始です。
定期的な通院
1か月ごとに通院していただき診察を行い、量の調整を行っていきます。治療期間は、まずは6か月を目安にお考え下さい。

治療について

治療部位お顔、身体の難治性のニキビがある部位
1回の診察に必要な時間30分
通院間隔1か月ごと
治療期間の目安6か月
注意事項服用開始から1か月間は、一時的なニキビの悪化がみられることがありますが、2~3か月目になると改善していきます。
治療中は皮膚・口・鼻・眼の粘膜が乾燥しますので、十分な保湿をお願いします。
アキュテインには催奇形性があるため、内服中及び内服終了後1か月間は避妊をお願いします。
アキュテインについて

費用

よくある質問

いつの時間帯に飲めばいいですか?

脂溶性の薬ですので、1日1回 食直後に内服してください。

治療中、レーザー治療は受けられますか?

アキュテイン内服中は光感受性が高まります。そのため、内服中に光やレーザー治療を受けると色素沈着のリスクが高まります。治療終了後からお受け下さい。

治療中、日焼けをしては駄目でしょうか?

アキュテイン内服中は光感受性が高まり、日光過敏になる可能性があります。内服中は日焼けはせず、UVケアの徹底をお願いします。

再発することはありますか?

適切にクールを終了した場合、30%弱の再発率です。30%弱というと多いと思われるかもしれませんが、アキュテイン治療は現存のニキビ治療の中では最も再発率の低い治療になります。再発した場合には、しばらくの休薬期間を設けて、2クール目を開始します。