かんぱん・肝斑の治療はレーザーカーボンピーリング。30代からの美肌ケアを。

福岡の天神駅前でかんぱん・肝斑の治療がおすすめのクリニック

目の下に茶褐色のシミが出来てきたとき、皆さんはどんなシミを考えるでしょうか?
「シミはシミだろ!」と思われる方もおられるかもしれませんが、実はシミには色んな種類があります。

今回は、そのシミの中の一つであるかんぱん(肝斑)について、原因と治療法を解説していきます。

かんぱん(肝斑)は間違ったケアを行うと悪化してしまう事もありますし、一般的な治療をしていても治らないケースも多々あります。そのため、かんぱんは難治性のシミとしても有名です。

しかし、しっかりとした治療を行えば早期に治すことも可能ですので、お悩みの方がいらっしゃいましたら今回の記事を参考にされて下さい。

かんぱん(肝斑)とは?

福岡の天神駅前でかんぱん・肝斑の治療がおすすめのクリニック

30代頃から「左右対称性」に現れる、境界の明瞭な薄い褐色のシミが肝斑です。女性に多く見られ、典型的には目の下を縁取るような形で両頬に現れます。

いったん出現すると自然に治ることは少なく、隠すためにお化粧が濃くなっていき、そのお化粧のせいで余計に肝斑が濃くなるという悪循環に陥るケースもあります。

両頬に現れるのが典型的と説明しましたが、額や口周囲にみられることもありますし、女性に多く見られるとお伝えしましたが、まれではありますが男性での発症もあります。

 ⇒かんぱん(肝斑)について詳しく解説してある製薬会社のサイト

かんぱん(肝斑)の2つの原因

福岡の天神駅前でかんぱん・肝斑の治療がおすすめのクリニック

肝斑に関しては未だ不明な点も多く、原因も完全には解明されていません。

ただし、現時点で原因として分かっている事は2つあります。

それは、女性ホルモンの乱れとメイク落とし等の物理的刺激です。

ホルモンバランスの乱れ

妊娠や更年期、経口避妊薬(ピル)を契機に発症・悪化することがあり、また高齢者においてはあまり見られないことからホルモンバランスが関与していることが分かっています。

物理的な刺激

頬骨のあたりや額など、メイクやメイク落としの際に摩擦が大きく生じる部分に好発する事、お手入れを優しくするように変えただけで改善するケースがあることなどから、物理的な刺激による炎症が影響していることも分かっています。

かんぱん・肝斑は治らない?|治りにくく悪化しやすい

福岡の天神駅前でかんぱん・肝斑の治療がおすすめのクリニック

かんぱん(肝斑)は従来から難治性のシミとして知られていました。

難治性と言われる理由は、かんぱんが発生する原因に女性ホルモンバランスの乱れが関わっており、そのホルモンバランスを副作用なく直接改善できる薬が無いという事と、レーザーで治そうとして悪化したケースが多発したからです。
また、メイクの落とし方などのスキンケアの方法を変えなければいけないことも、かんぱんを治りにくくしていました。

その結果、かんぱんは治すことができない難治性のシミとして知れ渡ることになってしまいました。

かんぱん・肝斑の一般的な治療法

福岡の天神駅前でかんぱん・肝斑の治療がおすすめのクリニック

かんぱん(肝斑)は「慢性の炎症」という側面もあり、それに対してトラネキサム酸の内服薬が効くことが分かり、かんぱんの治療法としてトラネキサム酸の内服が一般的になりました。

物理的な刺激を避けるためスキンケアの方法を見直し、トラネキサム酸の内服で一時的に症状を抑えるというのが数年前までの治療法でした。
しかし、その方法だとトラネキサム酸を中止すると肝斑が再燃するという問題もありました。

その後、レーザートーニングという“かんぱん”を根治させられる治療が登場しました。
しかし、この治療は業界内でも非常に問題となりました。

多くの美容外科クリニックがレーザートーニングに手を出し、原理や作用機序を十分に理解しないまま乱雑な処置を繰り返した結果、レーザートーニング治療に対して皆が失望する結果となったのです。

レーザーでメラニン色素を破壊するにはある程度のパワーが必要です。
しかし、かんぱん(肝斑)というのは刺激で悪化する性質を持っているため、そのパワーの微妙な匙加減が難しいのです。

多くのクリニックでは看護師が施術をするため、施術の方法は完全にマニュアル化されているため、かんぱん(肝斑)の濃さや肌質を考えずにパワーが決まります。
その結果、かんぱん(肝斑)に対して強すぎる刺激となり、レーザートーニングの影響でかんぱん(肝斑)が悪化するという本末転倒な事態が起こることとなったのです。

その後、全国的にパワーの見直しが起こり極端に弱いパワーで照射するようになり、レーザートーニングをしてもかんぱん(肝斑)は悪化はしないものの良くもならないという結果になったのです。

かんぱん(肝斑)が治る治療法

福岡の天神駅前でかんぱん・肝斑の治療がおすすめのクリニック

非常に難治性のしみ“かんぱん”(肝斑)ですが、20年ほど前から存在するレーザーカーボンピーリングという治療が非常に有効です。

レーザーカーボンピーリングというのは、レーザートーニングとカーボンピーリングを掛け合わせたような治療です。

カーボンローションを塗布した肌にトーニングのレーザーを照射していくのですが、レーザーの一部はカーボン粒子に反応して熱と光に変換されます。

レーザー自体のパワーは弱まるものの、産生された熱と光はマイルドに色素や毛穴に作用し、かんぱん(肝斑)はおろか肌質全体を改善していきます。

即効性はないものの照射のたびに徐々に良くなっていき、再発のリスクも少なく、非常に満足度の高い治療です。
レーザーカーボンピーリングに関しては名古屋の鶴舞公園クリニックのサイトが非常に詳しいので参考にして下さい。

難治性のシミ、かんぱん(肝斑)。早めの治療を

福岡の天神駅前でかんぱん・肝斑の治療がおすすめのクリニック

難治性と言われているかんぱん(肝斑)ですが、適切な治療をすれば綺麗に治すことも可能です。
放っておいても良くなる事はありませんし、隠すためにメイクを厚塗りするとかんぱん(肝斑)がもっと濃くなることすらあります。

かんぱん(肝斑)は30代を過ぎた女性には高頻度で出現していますので、気になった時点で早めに美容皮膚科に相談し、適切な治療を受けましょう。
早い段階で治療を受けることができれば、長きにわたって“かんぱん”(肝斑)とは無縁の生活を送れるようになります。

 ⇒トータルスキンクリニックのレーザーカーボンピーリング

『かんぱん(肝斑)の治療はレーザーカーボンピーリング。30代からの美肌ケアを』(2020年最新版)