美容外科の医療用ハイフ(HIFU)とエステハイフの違いとは?効果、特徴を徹底解説

医療ハイフとエステハイフの違い

小顔治療、リフトアップ治療として人気のハイフ(HIFU)ですが、効果が高くダウンタイムもないことから、お顔のたるみで悩む女性に人気を集めています。

ハイフ治療は医療機関だけでなく多くのエステサロンでも行われているため、ハイフ治療に興味をお持ちの方の中には「医療用ハイフ」と「エステハイフ」の違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回のコラムでは、医療用ハイフとエステハイフの違いについて詳しく解説します。
当院の医療用ハイフについても紹介しますので、ぜひ参考にされて下さい。

ハイフ(HIFU)治療とは超音波による切らないリフトアップ

ハイフ(HIFU)は「High Intensity Focused Ultrasound」の略称で、日本語では「高密度焦点式超音波」と言います。たるみ治療小顔治療で用いられるレーザー治療の一つです。

超音波でどのようにしてたるみを治療するのか不思議に思う方もいらっしゃるかと思いますが、ハイフは超音波のエネルギーを一か所に集める事で熱を発生させます。

その熱が組織に刺激を与え、たるみの改善や肌質改善につながるのです。

皮膚は表皮真皮脂肪組織SMAS筋膜という構造になっていて、顔のたるみの大きな原因はSMAS筋膜の緩みと言われています。

ハイフは点状に熱の刺激を与えてSMAS筋膜を縮ませることで、即効性のリフトアップ効果が得られます。
また、刺激されたコラーゲン組織を治癒しようとする働きが起き、その結果コラーゲンの生成が促進され、たるみ改善・肌質改善も期待できるわけです。

ハイフはこのような人におすすめ

  • ダウンタイムの無い治療をしたい
  • 手術をせずにリフトアップしたい
  • 頬のたるみが気になる
  • たるみをしっかり治療したい
  • ほうれい線が目立ってきた

医療用ハイフとエステハイフの違い

医療ハイフとエステハイフの違い

ここからは、医療用ハイフとエステハイフの違いについて解説していきます。

出力の違い | 医療用ハイフは高出力

医療用ハイフとエステハイフでは出力に大きな違いがあります。
美容外科等の医療機関で使われているハイフは前立腺がんの治療に使われていた医療機器を応用したものです。

そのため、高出力で熱エネルギーを与えることが可能です。

しかし、エステサロン等の非医療機関では高出力の機器が使用できないため、出力や機能を落としたハイフ機器を使用しています。

効果の違い | 医療用ハイフは効果が高い

医療用ハイフの方がエステハイフより高出力で照射できるため、治療効果を実感しやすいです。
また、医療用のハイフ機器は高性能の為、効果が安定していてダメージが少ないというメリットもあります。

持続期間は医療用ハイフは半年~1年程度と言われています。
しかしエステハイフは医療ハイフに比べて持続期間が短いと言われています。

リスクの違い | 安全性が高い

ハイフ治療にも火傷神経損傷などのリスクがあります。

万が一トラブルが生じた際、医療機関であれば適切な対処が可能です。
しかしエステサロン等の非医療機関では迅速な対応が難しく、ご自身で皮膚科を受診していただくようなことになってしまいます。

対処が遅れたことで後遺症に苦しむようなことが起こらないためにも、ハイフ治療は美容外科などの医療機関で受けることをおススメします。

当院のハイフ治療の特徴

当院のハイフ治療には以下のような特徴があります。

  • 「ウルトラセルQプラス」を採用
  • 豊富なショット数
  • 全ての施術を医師が対応
  • 万全のサポート体制
  • 幹細胞培養上清液導入付き
  • 地域最安値水準を実現

それぞれのポイントを説明します。

最新のハイフ機器「ウルトラセルQプラス」を使用

過去にはウルセラ、ウルトラリフト(EVO)といった機械が主流の時代もありましたが、それらは1~2種類のカートリッジしか使用できませんでした。

現在は3~4種類のカートリッジが使用可能な機種が主流になってきており、当院では4種類の深度(1.5㎜、2.0㎜、3.0㎜、4.5㎜)で照射が可能なハイフシステム「ウルトラセルQプラス」を採用しております。

豊富なショット数

ハイフは機器によって推奨ショット数が決められています。多ければ多いほど良いというものでもありませんが、少なければ効果は期待できません。

全顔で300ショットしか照射しないクリニックもありますが、当院では全顔+首で合計500ショット照射します。

全ての施術を医師が対応

当院では、顔面の解剖学を熟知した院長が施術を行います。

安全性が高いだけでなく、施術後にトラブルが起きた場合にはすぐに適切な処置を行うことが可能です。

万全のサポート体制

カウンセリングでは患者様の悩みや希望をお聞きし、適切な施術方法をご提案します。

リスクについても詳しく説明させていただきます。

万が一トラブルが生じた際も、当院で責任をもって対応しますのでご安心ください。

幹細胞培養上清液の導入付き

施術によって、お肌が一時的に乾燥に傾きます。

有料オプションとしてイオン導入を勧めてくるクリニックもありますが、当院では幹細胞上清液の導入を無料でお付けします。

地域最安値水準を実現

定期的に受けていただきたい施術だからこそ地域最安値水準を実現し、品質・価格ともに満足していただける内容になっています。

医療用ハイフで安全にたるみを改善しよう

ハイフ治療は即効性・持続性に優れていて、小顔たるみ改善を望む方にオススメの治療法です。

ハイフ治療は医療行為なので、エステハイフとは効果や安全性に大きな差があります。

当院では高品質・低価格の医療用ハイフを提供しています。

ハイフ治療をご検討中の方は、ぜひお気軽に無料カウンセリングをご利用ください。

 ⇒トータルスキンクリニックのハイフ(HIFU)

『美容外科の医療用ハイフ(HIFU)とエステハイフの違いとは?効果、特徴を徹底解説』(2020年最新版)

開院前キャンペーン

福岡・天神で美容外科・美容皮膚科はトータルスキンクリニック
友達登録をしてくださった方には、開院後に次のどちらかをプレゼントさせていただきます。

①レーザーカーボンピーリング(幹細胞上清液導入付き)1回
or
②シワ取りボトックス(2部位まで)1回

(予定人数に達し次第終了とさせていただきます)