2020年 冬 福岡天神に開院予定

全切開二重整形によるたるみ治療

上まぶたのたるみは切開で解消。

全切開二重整形とは

上まぶたのたるみを解消したい場合、軽度のたるみの場合には埋没法でお悩みが解消できますが、たるみが強い場合には埋没法だともたっとした感じが出てしまいます。そういった方に適しているのが全切開二重術によるたるみ取りです。

二重整形の全切開法は、皮膚が伸びている方、まぶたが厚い方、埋没法ではお目元の若返りが困難な方に適していて、たるんだ皮膚やROOFと呼ばれる皮下脂肪も切除しますので、ダウンタイムこそ長いもののまぶたのお悩みが一気に解決します。

こんなお悩みの方にオススメ

  • たるみが強い方
  • 脂肪が多く、皮膚の厚い方
  • 大きく印象を変えたい方

切開による二重整形には2種類

切開による二重整形には全切開と部分切開があり、たるみのない一重まぶたを二重まぶたにする目的であれば、部分切開が適応になることも多いです。

当院は若返りを専門にしているクリニックの為、たるみが強い方の治療をメインに行っています。
そのため、基本的には全切開での治療になりますが、たるみの程度によっては部分切開での治療を行うケースもあります。

肌と髪のクリニック天神の全切開二重整形の特徴

お目元が若返ってみるようにデザインにこだわるのは当たり前のことで、当院ではいくつかの無料オプションをご準備しております。

静脈麻酔が無料

手術の時に最も痛いのは局所麻酔の時になります。
その時の痛みを感じなくて済むように、当院では静脈麻酔を無料でお付けします。

極細の注射針を使用

局所麻酔で使用する注射針は、超極細の34ゲージ針を使用します。
静脈麻酔を使用しているので注射の際に痛みを感じる可能性は極めて低いのですが、念のために注射針も細いものをご用意しています。

目立ちにくい透明の糸を使用

切開した部分を縫合する時、多くのクリニックでは黒い糸で縫合します(抜糸の際、看護師が裸眼で行うため、黒い糸でないと見落とすことがあるからです)。ただしそれだと糸が目立つため、当院では透明な糸で縫合します。

当院では抜糸は医師が拡大鏡を使用して行いますので、見落とすことはございません。

全切開二重整形の手術の流れ

カウンセリング

まぶたの状態やたるみの程度、ご希望の二重ラインを確認します。

手術に伴うダウンタイムや注意点を説明させていただき、ご納得いただけたら手術日の調整になります。

手術当日

手術時間は30分~1時間ほどです。静脈麻酔で眠っている間に超極細の注射針で局所麻酔を行います。

十分に麻酔が効いたら希望するライン上で切開を行い、余分な皮膚や脂肪を切除し、縫合します。

透明な糸を使用して細かく縫合しますので、一般的な全切開術より傷は目立ちにくくなります。

全切開二重整形の経過とダウンタイム

希望する二重ライン上を切開して、たるんでいる皮膚を切除し糸で縫合します。
5日~7日後に来院していただき抜糸します。抜糸後からお化粧は可能です。
1か月で腫れは7割程度改善しますが、完全に安定するには3か月程度かかります。

腫れ

埋没法と比べると腫れが強く出ます。
手術直後よりも翌日の方が腫れが強く、1週間ほどで腫れは引き始め、1か月後には7割程度の腫れは落ち着きます。
ただし、完全に腫れが落ち着くには3か月程度はかかります。

痛み

麻酔をしますので手術中の痛みはありません。
術後3時間ごろから痛みが出てきますが我慢できないほどではなく、1週間程度でほとんど治まります。

内出血

内出血が出た場合、傷口周辺に紫色のアザが生じます。
2週間程度で消えますので、その間はメイクで隠して頂きます。

傷跡

1か月程度は切開した部分が赤くなります。
その後徐々に白い線になり、2か月~3か月後にはほとんど目立たなくなります。

シャワー・洗顔・入浴・メイク

シャワー・洗顔は当日から可能です。
入浴は翌日以降でお願いします。
メイクは抜糸後から可能です。

埋没法によるたるみ治療

たるみの程度が軽い、ダウンタイムが取れない、という方は埋没法によるたるみ治療をご検討ください。

全切開二重整形の費用

施術名 部位 通常価格(税別) AA会員価格(税別)
全切開二重術 両目 150,000円 130,000円
片目 100,000円 80,000円
オプション たるみ・脂肪切除 無料 無料
静脈麻酔、局所麻酔、超極細注射針(34G)、術後のお薬代は無料です。

>いつまでも輝くためのお手伝いを

いつまでも輝くためのお手伝いを

『肌と髪のクリニック天神』は、いつまでも若くありたいと願う人たちの理想へのアプローチをお手伝いする医療機関です。
ご質問や診察の申し込みはこちらから。