二重整形!埋没法で腫れないために【美容外科医が解説】

埋没法で二重整形をする時に、一番気になることって何ですか?ほとんどの方は『術後の腫れ!』と答えるのではないでしょうか。

日々の診療の中でも、患者様からの質問で最も多いのは「腫れは何日くらいで引きますか?」というものです。

今回の記事では埋没法の腫れが強くなる原因、腫れないためにはどうしたらよいのか?を解説していきます。

“今度の長期休みに埋没法で二重にしよう”と思っている方は、ぜひ参考にして下さい。

埋没法の腫れ

この記事は、福岡市中央区天神の美容外科・美容皮膚科の院長が執筆しています。

埋没法が腫れる理由

埋没法

埋没法とは

切らずに二重まぶたにしていく「埋没法」は、まぶたの中に糸を通して、「皮膚と瞼板」もしくは「皮膚と筋肉」を結びつける手術です。

糸で結びつけることで、まぶたを開くときに皮膚の一部が引き込まれるようになり二重まぶたになるわけです。

腫れる理由

まぶたの中に糸を通す際、極細の針を貫通させます。まぶたの中を針と糸が貫通するので、多少なりとも組織はダメージを受けます。(針が指に刺さった事がある方は、その時のことを思い出してみて下さい。刺した場所が少しは腫れていたのではないでしょうか) ダメージを受けた組織が修復する過程で赤みや浮腫みが生じ、腫れとなります。

つまり、埋没法という手術をする限り、腫れが目立たないことはあったとしても全く腫れないという事はあり得ないわけです。

二重整形

埋没法後に腫れが強く出る原因

埋没法を行う以上は多少なりともまぶたへの侵襲(ダメージ)はあるため、必ず腫れが出るという事はご理解いただけたかと思います。ここでは、腫れを強くしてしまう原因について解説していきます。

医師の技術

最も大きな原因は医師の技術です。

埋没法ではまぶたというデリケートな部位を扱うので、“丁寧に”、“スピーディーに”手術を行う必要があります。美容外科医になりたての医師だと、一つ一つの動作に無駄が出て、その結果まぶたへのダメージが増えてしまいます。

埋没法の上手な医師
埋没法のベテラン医師

糸を留める強さ

医師の技量に次いで腫れの原因となるのが、糸を留める際の強さです。

強く結ぶと腫れは強くなり、弱く結ぶと二重のラインが不安定になります。術前の時間や術中の僅かな時間で患者様のまぶたの特徴を把握し、最適な強さで糸を結ぶ技術が求められます。

ただし、糸を留める強さの調整にはひと手間かかるため、効率化を重視しているクリニックでは行っていないケースもあります。糸を結ぶ強さへの配慮も医師の技量の一つと言えるかもしれません。

希望する二重幅

理想の二重になるように二重のデザインをしていきますが、その時希望する二重の幅が広ければ広いほど、術後の腫れは強くなります。希望する二重幅が「奥二重」や「末広型二重」等の比較的狭い幅の場合には術後の腫れはほとんど目立ちませんが、「平行型二重」といった幅の広い二重を希望する場合には術後の腫れも目立ちやすくなります。

理想の二重幅
厚いまぶた

まぶたの厚さ

まぶたは皮膚だけでなく脂肪や筋肉などでも構成されています。それらの組織が厚く、腫れぼったいまぶたをしている人は、術後の腫れも出やすくなります。まぶたが厚い人はアイプチ・アイテープ等を使用した際にも理想の二重が作りにくい傾向にあります。逆に、まぶたが薄くアイプチ・アイテープなどを使った時に簡単に理想の二重まぶたが作れる人は腫れが出にくくなります。

まぶたが厚いと針と糸を通す時に組織へのダメージが大きくなるため、術後の腫れが出やすくなるのです。

術式

埋没法には瞼板法や挙筋法いった術式があります。一般的には「挙筋法は瞼板法よりも腫れやすいが二重のラインはクッキリと出やすい」と言われていますが、私の見解としてはそのような事は無いと思います。

どちらの術式にもメリットデメリットがあり、患者様に適した方法で行えば腫れは抑えつつクッキリとしたラインを作ることは可能です。また、どのようなまぶたの方にも安定した結果を出せる「瞼板上端固定法」という術式も存在します。

術後の過ごし方

創部を温めたり、創部の血流が活発化すると腫れが強く出ます。つまり、長湯をしたり、激しい運動をしたり、飲酒をしたり、過度に頭を低くして眠ると術後の腫れが強くなります。

手術後の1週間程度(最低でも3日間)は運動をしたり飲酒をしたりせず、安静に過ごすようにしましょう。また、術後に患部を冷やす際、アイスノンや冷えピタを直接まぶたに貼付する方がおられますが、それは逆効果になります。まぶたを冷やす際は直接は冷やさず、おでこを冷やすようにしましょう。

埋没法で腫れないための対策

  1. 医師の技量
  2. 糸を留める強さ
  3. 希望する二重幅
  4. まぶたの厚さ
  5. 術式
  6. 術後の過ごし方

術後の腫れが強くなる原因をまとめてみました。

①医師の技量、②糸を留める強さ

①、②に関しては、術前のリサーチである程度は判断可能です。多くの美容外科は患者様の幸せよりも売上を重視しますので、例えば貴方が安い施術を希望した場合「この方法は腫れが引きにくいからやめた方が良い」などと言い、高い施術に誘導してきます。そういった事を言ってくる医師は、高い施術の時以外にベストを尽くすことはありません。もしかしたら高い施術の時も全力を出さないかもしれません。腫れる腫れないは医師の技量である程度決まってくるので、「どの値段の施術でも腫れないように全力を尽くしますよ」と言ってくる医師であれば手術を任せても良いでしょう。きっとスピーディーかつ丁寧に手術を行い、最後に糸を結ぶときも微調整を繰り返しながらベストの留め具合にしてくれると思います。

③希望する二重幅

③希望する二重幅に関しては、せっかく二重にするのですから「憧れの二重」を目指すのが良いと思います。腫れることを恐れて狭い二重にしたとしても、きっと後悔する事でしょう。周囲から見て違和感が出るほどの二重幅は別ですが…。

④まぶたの厚さ

④に関しては、正直なところどうしようもないと思います。どうしても何か対策を打つとしたら、手術をする前に「腫れないタイプの脂肪溶解注射」(BNLSアルティメットなど)を打っておくくらいでしょうか。

⑤術式

⑤に関しては患者さんのまぶたの状態によってベストな方法が変わってくるため、どの方法で留めてくれるのかを担当医師に聞いてみるのも良いでしょう。「私は瞼板法しかしません」「挙筋法が最も優れています」などと極端な意見をいう医師は避けた方が良いかもしれません。

⑥術後の過ごし方

⑥に関しては患者さんの努力次第です。術後は極力安静にし、数日間は額に冷えピタを貼り、飲酒も控え、入浴はシャワーで手短に済ませましょう。可能であれば、枕を高くして眠るのも良いと思います。

もしベストを尽くして手術に挑んだにも関わらず、予想以上に腫れてしまったとしても、術後3日目からはどんどん治まっていきますので安心してくださいね。丁寧に手術をしてあれば、1週間程度である程度の腫れは引いてしまいます。(ただし、1か月程度は軽い浮腫みが残るので、完全に安定するのは1か月後になります)

ちなみに、筆者の勤務するクリニックは福岡市中央区天神にあるトータルスキンクリニックと言います。ぜひ一度ホームページに遊びに来てください。

また、筆者のクリニックで行っている二重整形(埋没法)はこちら。

開院前キャンペーン

当院は来年の開院に向けて準備中の段階です。
開院までに友達登録をしてくださった方には開院後にささやかなプレゼントをさせていただきます。