美容皮膚科とは

お肌の悩みがある時に、「美容皮膚科」「一般皮膚科」「美容外科」のどれを専門にしているクリニックに相談したらいいのか迷うことはありませんか?相談先を誤ると、見当違いの治療法が提案されたり、無駄に高額な治療をすることになったりするかもしれません。

だけどこの記事にたどり着いた方はご安心ください。現役の美容皮膚科医である筆者がそれぞれの違いについて詳しく説明していきます。また、この記事では「美容皮膚科」が専門に取り扱う症状や、相談する時の注意点についても解説してきます。

美容皮膚科とは

この記事を読んでいただくことで美容皮膚科への理解が深まり、ご自身に合った美容皮膚科のかかりつけを探すことが出来るかもしれません。ぜひ最後まで読んでくださいね。

「美容皮膚科」とは

 「美容皮膚科」とは、医療の知識と技術を活用し美肌を生み出していくことに特化した医療になります。皮膚の構造やメカニズムに熟知し、最先端の注射やレーザー技術等を駆使し、皮膚の見た目を美しくする事・老化を遅らせる事・時間を巻き戻すことを専門にします。また、それを生業としているのが美容皮膚科医になります。

一般的な医療機関は生命に直接または間接的に関わる疾患(癌やアトピーなど)を扱いますが、美容皮膚科ではそういった疾患は扱わず、老化に伴って現れる症状を取り扱っていきます。

美容皮膚科

「美容皮膚科」は英語では『cosmetic dermatology』と言い、皮膚科領域の1分野として大きく注目されています。また、日本でも大学病院に美容皮膚科外来が設置されるなど、認知度が向上してきています。

「美容外科」との違い

美容外科

「美容皮膚科」と混同しがちなものに「美容外科」があります。美容外科も美容皮膚科と同様に外見にアプローチをする専門家ですが、大きく違う点は「メス」を使用した手術を行う点です。美容外科では骨を削って輪郭を変えたり、軟骨を移植して鼻の形を変えたり、脂肪を吸引して体型を変えたりします。

美容外科も美容皮膚科と同じように、一般的な病気は取り扱わず、生死には関わらないものの外見上のコンプレックスに関わることのみを取り扱います。

「一般皮膚科」との違い

「一般皮膚科」はアトピーや湿疹などの健康保険が適用される皮膚疾患に対しての治療を専門にしています。外用薬や内服薬で病気を治すことに特化した専門家です。外見を美しくすることよりも「病気そのもの」もしくは「病気の症状」を治すことに主眼を置いていますので、老化に伴う症状や外見的なコンプレックスへのアプローチは行いません。また、健康保険の範囲内での治療なので、必然的に出来ることも制限されます。

一般皮膚科

「美容皮膚科」に必要な知識

美容皮膚科医にとって、皮膚科の専門的な知識は必須です。一般的な皮膚科の知識を持たずに診療を始めると、さまざまなリスクが出てきます。まず考えられるのが、皮膚病変の誤診です。悪性黒子をシミと診断したり、基底細胞癌をホクロ誤診し患者さんを生命の危機にさらす可能性が出てくる。また、レーザーやケミカルピーリング後のスキンケアを正しく指導できなくなります。その結果、患者さんの満足のいく効果が得られず、多くのトラブルに繋がります。したがって美容皮膚科の診療を行うには一般皮膚科の知識の習得が重要です。

「美容皮膚科」が扱う症状

美容皮膚科で治療を行っている各種疾患について説明していきます。

シミ

シミとは皮膚にメラニン色素が残存してしまった状態の総称で、専門的には幾つかに分類されます。有名なところでは老人性色素斑、肝斑(かんぱん)、そばかす(雀卵斑)、ADM(後天性真皮メラノサイトーシス)、太田母斑、外傷性色素沈着などがあります。

この中で、太田母斑や外傷性色素沈着は保険適応の疾患なので、一般皮膚科で取り扱います。それ以外のシミは美容皮膚科の得意分野です。

シミ|老人性色素斑

シミは皮膚の中で生成されたメラニン色素の排出遅延ですので、排出を促進させるためにピーリングを行い、色素そのものを破壊できるレーザー等でアプローチしていきます。また、シミの原因は紫外線による影響も大きいので、UVケア等の指導を行うのも美容皮膚科の役割になります。

シワ

シワとは加齢に伴いコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンが減少したことで皮膚に出来た「線、折り目」のことです。加齢以外にも、紫外線や糖化によるダメージが原因の事もあります。コラーゲンなどの失われた成分の生成を促進させるダーマペンや、既にできてしまったシワの悪化を予防するボトックス注射で改善を図ります。

しわ

たるみ

老化に伴い皮膚などを支えている組織(支持組織)が緩み、皮膚や皮下組織が重力に抵抗できなくなった状態です。たるみが出てくると顔の輪郭や凹凸が変化していき、周囲に老けた印象を与えてしまいます。凹凸に対して充填剤を注入し、たるんだ組織を引き上げる糸リフトを用いて治療を行います。

たるみ

難治性ニキビ

ニキビの相談で美容皮膚科に来られる方も多いのですが、軽症のニキビは保険診療の一般皮膚科の方が適しています。たまに出来るニキビであれば外用薬だけでも治りますし、健康保険が使えるので治療費が安価で済みます。

一方で、中等症から重症・難治性のニキビは美容皮膚科が専門になります。中等症以上のニキビは外用薬だけでの改善は難しく、アキュテインや低用量ピルなどを用いた治療、ニキビの出来にくい体質づくりが必要になってきます。それらを用いた治療は日本では保険の適応がないので、自由診療である美容皮膚科が中心に治療を行います。

にきび

ニキビ跡

ニキビが落ち着いた後に残ってしまった凹凸や色素沈着など、いわゆる「ニキビ跡」の治療の美容皮膚科の担当です。凹凸を改善するピコフラクショナルや色素沈着を改善するピコトーニングを使って肌をキレイにしていきます。

ニキビ跡

毛穴開き・黒ずみ

加齢に伴い目立ってくる毛穴開き・毛穴のたるみも美容皮膚科の領域です。ピコトーニングやピコフラクショナル等で皮膚のコラーゲンやエラスチンを増加させることで毛穴を引き締めていきます。

毛穴開き

医療脱毛

脱毛にはエステで行う光脱毛と、美容皮膚科で行う医療脱毛があります。エステで行う脱毛は基本的には一時的な減毛になるため、毛が生えなくなるという事はありません。しかし美容皮膚科で行う医療脱毛は毛根を破壊するので、基本的には永久脱毛と呼ばれる効果を得ることができます。

最近では一般皮膚科の中にも医療脱毛を取り入れているところも増えてきています。ただし、一般皮膚科で行うからと言って健康保険が使えるわけではありませんのでご注意ください。

医療脱毛

薄毛

薄毛の原因には幾つかありますが、そのほとんどは美容皮膚科の専門です。男性型脱毛症(AGA)や女性の脱毛症(FPHL)は美容皮膚科やAGA専門クリニックが治療を行っています。また、牽引性脱毛症や外傷による部分的な無毛は美容皮膚科の範疇になり、自毛植毛という治療で治していきます。

ただし、円形脱毛症は保険診療での治療が認められており、一般皮膚科での治療がメインになります。

薄毛

刺青除去

自分の意思で皮膚の中に色素を注入し作成した刺青(タトゥー)の除去は、美容皮膚科や美容外科が専門になります。美容皮膚科ではピコレーザーを用いて少しずつ色素を分解していきます。美容外科では刺青を皮膚組織ごと切除することで治療を行います。

ただし、交通事故や転倒などの外傷の際に傷に砂などが混入してできた外傷性刺青(外傷性タトゥー)は健康保険の適応があり、一般皮膚科や形成外科での治療が中心になります。

刺青

「美容皮膚科」にかかる時の注意点

美容皮膚科で取り扱う症状は老いに伴って現れてくる症状がほとんどです。一般的な病院にかかる時とは違った幾つかの注意点があります。

全額自己負担

美容皮膚科で取り扱う症状のほとんどは病気と捉えられていないため、健康保険の適応外です。ぜいたく品といった認識のため、基本的には全額自己負担での支払いになります。

治療費は全額自己負担
高額な治療費用

費用は高額

健康保険が使えないことに加え、価格はクリニック側が自由に決めることができます。そのため、費用は一般的に高額になりがちです。一見安く見える料金が表示されていたとしても、おとり広告の可能性すらあります。保険診療だと3,000円程度で済むニキビの治療が、美容皮膚科に相談してしまったがために100,000円程度かかったというケースもあります。

担当医と治療のゴールが共有できない可能性

保険診療の場合、治療のゴールは共有しやすいと思います。癌であれば「完治」「再発予防」、アトピーであれば「症状の緩和」などが治療のゴール・目標であり、その目標を患者様と担当医で共有することは難しい事ではないと思います。しかし美容皮膚科の場合、そのゴールは流行や個々の美的感覚に左右されるため、患者様と医師との間でずれが生じてしまうこともあります。

頬の窪みを少し改善させるだけでよかったのに、なぜかアンパン〇ンみたいになってしまったというケースもあります。

ゴールの共有

おすすめの美容皮膚科の探し方

大手から個人まで、美容皮膚科を標ぼうするクリニックは数多くあります。その中からおすすめの美容皮膚科を探すにはどうしたらよいのでしょうか。ネット?口コミ?色々あると思いますが、お金儲けが絡んできているのでどの情報も鵜呑みにしてはいけません。

大手or個人

病院を探す時、「大手の方が安心」と感じられる方が多いかと思います。病気で治療先を探す場合には「済〇会」や「〇赤」などの大手であれば間違いないでしょう。しかし自由診療に関しては必ずしもそうとは限りません。

大手は広告に多大な費用を投じており、その広告費用は治療費(施術代)に上乗せされます。また、大手美容皮膚科に勤務する医師やカウンセラーには高額なノルマが課せられているため、本来であれば不要な施術やオプションを平気で勧めてきます。さらに、大手は医師の入れ替わりも多いため、技術力の安定さにも欠けます。

個人の美容皮膚科一択というつもりはありませんが、美容医療に関しては大手だから安心ということは無いという事だけは理解しておいてください。

個人の美容皮膚科

比較サイト

インターネット上に散見される比較サイト(〇〇県でヒアルロン酸が上手なクリニック〇選・・・など)は、いわゆるアフィリエイトサイトになります。つまり、そのサイトを経由して予約をした場合、サイト運営者に一定の報酬が支払われるわけです。そのため、比較サイトの上位に記載してあるクリニックは必然的に報酬の高いクリニックになってしまいます。

運営者自身もそのクリニックに行った事などは無く、提供された情報と報酬額を元にランキング付けしてケースがほとんどです。比較サイトの情報も鵜呑みにしないようにしましょう。

知人からの評判

一番確実なのは、友人や家族からの口コミを参考にすることです。特に、年配の方からの紹介であれば間違いないといってもいいかもしれません。美容皮膚科に通い慣れている方々は、医師の技術や接客態度、コストパフォーマンスなどを冷静に評価しておられます。そういった人たちからの直接の紹介であれば、失敗する可能性は極めて低いといえるでしょう。

また、子育て世代の方であればママ友から紹介してもらうというのも有効です。家計と家庭の事に気を遣いながらも自身の美容面への配慮も欠かさないママ世代の方は、かかりつけの美容皮膚科を持っていたりするものです。

美容皮膚科とは、外見上の美しさ・若さを追求する専門集団

美容皮膚科とは、若さや美しさを追求する専門集団になります。「周囲よりも1歳でも若く見られるための方法」「ニキビ跡をキレイにする治療」など、『生き死にには関係しない』けれども満たされた生活を送るためには必要となってくる技術やノウハウを提供していくのが美容皮膚科です。

一般皮膚科であれば病院が異なっても費用や治療内容に大きな違いはありませんが、自由診療である美容皮膚科はクリニックが違えば費用や治療内容は大きく異なってきます。「医療機関のいう事だから全て正しい」と盲目的にならず、正しい情報、良いクリニックを見極めるスキルを患者様自身も身に着けていくようにしましょう。

自分に合った美容皮膚科を見つけることができたなら、あなたの運命を変える大きなきっかけになることでしょう。

開院前キャンペーン

当院は来年の開院に向けて準備中の段階です。
開院までに友達登録をしてくださった方には開院後にささやかなプレゼントをさせていただきます。